バックチェリー、3年ぶりの単独来日
公演を10月開催

去る4月に3年ぶりのオリジナル・ニュー・アルバム『ウォーペイント』を発表したバックチェリーの、これまた3年ぶりとなる単独来日公演が決定した。公演は10月15日(火)に東京・恵比寿リキッドルーム、同16日(水)には大阪・梅田TRADにて開催され、両公演にはオープニング・アクトとしてブルーズ・ロック系のギタリスト/シンガー、ジャレッド・ジェイムズ・ニコルズも出演することになっている。
1999年のデビュー当時、ロックンロールの新たな顔役登場と騒がれたこのバンドの歴史も、それから20年を経ている。結成自体は1995年にまで遡るわけで、すでにほぼ四半世紀に及ぶ活動歴を持つ彼ら。持ち前の破壊力のみならず円熟味を併せ持つようになった現在ならではの、今までとはひと味違った刺激的ライヴ・パフォーマンスを味わわせてくれるに違いない。最新作『ウォーペイント』にはナイン・インチ・ネイルズの「ヘッド・ライク・ア・ホール」というやや意外なカヴァーも収録されていたが、ライヴならではのサプライズ曲の登場にも期待したくなるところだ。

バックチェリーのライヴ・バンドとしてのアクティヴさは今現在も変わらず、去る1月16日に今年最初のライヴを行なうと、まずはカリフォルニア地区で数本の公演を行ない、2月にはヨーロッパ・ツアーを実施。さらに3月からは本格的な北米ツアーが開始され、彼らは今現在もそのツアーの只中にいる。そして9月まで続くこの北米ツアーを完遂したのち、10月に日本への帰還を果たすことになる。余談ながらその先にはさらにUKツアーが控えていたりもするのだが。

そんなハードワーキング・バンド、バックチェリーの筋金入りのライヴに、彼らの魅力を熟知しているファンはもちろん、まだステージ上の彼らと向き合ったことのない人たちにも、是非この機会に触れて欲しいところだ。

取材・文◎増田勇一
■<Buckcherry Japan Tour 2019>

10月15日(火) 東京・LIQUIDROOM
open18:00 / start19:00
10月16日(水) 大阪・umeda TRAD
open18:00 / start19:00
▼Opening Act
Jared James Nichols
▼チケット
プレイガイド一般発売:8/24(土)10:00
H.I.P.会員先着先行:5/25(土)12:00〜6/2(日)23:59
プレイガイド1次先着先行:6/4(火)12:00〜7/4(木)18:00
プレイガイド2次先着先行:7/6(土)12:00〜8/22(木)18:00
【スタンディング】
¥6,800 (税込、入場時別途ドリンク代)
※開場時の入場順はVIPのお客様、スタンディングのお客様の順となります
※6歳未満入場不可・6歳以上有料
※VIPチケットはお一人様2枚まで / スタンディングチケットはお一人様4枚まで
※先行販売で規定枚数に達し次第、随時受付を終了させて頂きます。その場合、一般発売はございませんので予めご了承ください
【VIPアップグレードチケット】
¥12,000 (税込)
※入場には別途スタンディングチケットが必要となります
<VIPチケット内容>
バックチェリーとのミート&グリート、写真撮影、VIPラミネートパス
※公演入場チケット(スタンディング¥6,800)をお持ちの方限定となります
※VIPアップグレードチケットに公演入場チケット(スタンディング¥6,800)は含まれておりません
※VIPアップグレードチケット(¥12,000)と公演入場チケット(スタンディング¥6,800)の両チケットお持ちでないと、VIPアップグレードチケット(¥12,000)の特典は無効になります
※WEBのみでの販売となります
※チケットには購入者のお名前が記載されます。必ず来場者ご本人様のお名前でお申込ください。会場にて本人確認をさせていただく場合がございます。当日は身分証をご持参の上、ご来場ください
※ミート&グリート/写真撮影は公演当日、1回のみ会場内にて行います
※集合場所や時間に関しては、事前にご購入いただいたプレイガイドからメールにてご連絡致します
※ミート&グリートはVIPアップグレードチケットに記載の整理番号順でご入場いただきます
※ミート&グリート時、メンバーによるサインは行いません。予めご了承ください
※同伴者様は必ず同時入場をして下さい。同伴者様のみでの入場は不可になります
※ミート&グリートは開演前を予定しております。詳細に関しては後日ご案内いたします
(問)H.I.P. 03-3475-9999 / www.hipjpn.co.jp

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」