5月12日@『EDC JAPAN 2019』

5月12日@『EDC JAPAN 2019』

AK-69、
『EDC JAPAN 2019』にて
ZEEBRA、SWAYらと証明した
ヒップホップの圧倒的パワー

5月11日~12日に世界最大級のダンスミュージック・フェスティバル『EDC JAPAN 2019』が千葉・幕張で開催され2日間で8万人が来場した。

絶好のフェス日和と言える天気に恵まれた2日目に、LA 最大規模の『HARD SUMMER FESTIVAL』を手掛けるHARDがお届けする、ベースミュージックを中心としたダンスミュージックやヒップホップに特化したステージ“HARD presents cosmicBEACH”に登場したAK-69。『AK-69 Presents STACKED』と銘打たれた今回のライブでは、HIP HOP界の若手からレジェンドまで、総勢17組の客演アーティストが出演するという、かつてないステージ構成で大いに会場を盛り上げ、HIP HOPシーンにおける"令和"初の伝説的ライブを魅せた。

ライブ開始の15:30。まずは盟友DJ RYOWが名古屋からMCを引き連れてのDJ PLAYで徐々に観客はヒートアップ。DJ Khaledの「All I Do Is Win」から、AK-69の「TOO MUCH MONEY OUT HERE」(Prod. by DJ Khaled)に繋いだところで、遂にAK-69が登場! 会場は割れんばかりの歓声に包まれた。

外国人オーディエンスの多さから英語でのMCを挟み、親交の深いFat Joeのヒット曲「LEAN BACK〜All The Way Up」のオフィシャルAsian Remix、Fablousの「MY TIME」からコラボ曲「Oh Lord」へ。サイドマイクのG.O.T.Oが“KhaledとFat Joe、Fablousと一緒に曲やってる日本人ラッパーはAK-69しかいないだろ? このヤバさ分かってる!?”と所属レーベル『Def Jam Recordings』のフラッグを掲げながら煽り立てる。

“EDCは世界最大のダンスミュージックフェス。このステージに立てて光栄です。今日はEDM好きもHIP HOP好きも関係ないぜ。一緒に楽しもう”と呼び込んだのは、自身の事務所Flying B所属のDJ / ProducerのACE1。「One Life feat. UVERworld REMIX」「BRAVE feat. Toshl(X JAPAN)REMIX」を披露した。いずれもAK-69がロックアーティストとコラボした楽曲をエレクトロにREMIXし、まさにジャンルの壁を破っていく。

そして、ここからは一気に客演陣が登場する。まずは「A Hundred Bottles REMIX feat. DJ TY-KOH, KOWICHI & SOCKS」で会場全体がクラップで一体となり、若手MCをフックアップした「MINAHADAKA feat. Lui Hua, OZworld a.k.a. R’kuma, Hideyoshi」では、Hideyoshiが所属するTokyo Young Visionのメンバーも登場し、ステージ上がお祭り騒ぎに。

先日、悲しくもこの世を去ってしまったNipsey Hussleに追悼の意を表した「Feelin’ Myself」を挟んで、“この世を去ってしまった大切な俺の仲間がいるんだ。そいつを連れてきていいか?”と名古屋の伝説であり盟友のTOKONA-X Tributeへ。「WHO ARE U?REMIX」では、サプライズゲストのANARCHYが現れ1バース目をキック。AK-69へと繋ぎ、3バース目には般若までもが登場。圧倒的なライブパフォーマンスと、シーン最前線を走り続ける3名の共演に会場はどよめく。続いてレジェンドZEEBRAとの「ビートモクソモネェカラキキナ」では、2人のKINGによる熱いラップのやり取りに心を震わされた。

“こっからは俺のいつものライブ。お前ら知らねぇなんて言わせなねぇぞ”と、自身の代表曲「IRON HORSE -No Mark-」へ。《地方馬がダービーを制す》というその歌詞に込められた熱さに会場はさらに盛り上がりを見せる。事前発表されていた最後の客演ゲストSWAYはなんと、「Only God Can Judge Me REMIX」で登場。この日の為に制作されたスペシャル楽曲だそうで、聴けた観客へは思いがけないプレゼントだった。

ラストはこちらも代表曲の「THE RED MAGIC」。ライブスタート時から増え続けたオーディエンス達は、まさに歌詞の通り“赤の魔法”に感染していったかのように熱が拡がり、最高潮で幕を閉じた。

【セットリスト】
1. DJ RYOW Special Set
2. TOO MUCH MONEY OUT HERE(Prod. by DJ Khaled)
3. LEAN BACK / FAT JOE〜All The Way Up Asian Remix
4. MY TIME / Fablous〜Oh Lord feat. Fablous
5. Sunshine / ACE1
6. ONE LIFE feat. UVERworld ACE1 REMIX
7. BRAVE feat. Toshl(X JAPAN)ACE1 REMIX
8. A Hundred Bottles REMIX feat. DJ TY-KOH, KOWICH & SOCKS
9. MINAHADAKA feat. Lui Hua, Ozworld, Hideyoshi
10. Feelin’ Myself / Nipsey Hustle
11. 知らざぁ言って聞かせやSHOW / TOKONA-X
12. WHO ARE U REMIX feat. ANARCHY, AK-69 & 般若 / DJ RYOW
13. ビートモクソモネエカラキキナ feat. ZEEBRA & AK-69 / DJ RYOW
14. IRON HORSE -No Mark-
15. Only God Can Judge Me REMIX feat. SWAY
16. THE RED MAGIC

■『EDC JAPAN 2019』
https://japan.electricdaisycarnival.com
5月12日@『EDC JAPAN 2019』
5月12日@『EDC JAPAN 2019』(AK-69、SWAY)
5月12日@『EDC JAPAN 2019』(ZEEBRA、AK-69)
5月12日@『EDC JAPAN 2019』(ANARCHY、般若、AK-69)
5月12日@『EDC JAPAN 2019』(CITY-ACE、Lui Hua、AK-69、Hideyoshi、OZworld a.k.a. R’kuma)
5月12日@『EDC JAPAN 2019』
5月12日@『EDC JAPAN 2019』(『AK-69 Presents STACKED』出演者)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着