MONSTER baSH 2019

MONSTER baSH 2019

「MONSTER baSH」第2弾&日割り発表
!ホルモン、UVER、氣志團、アジカン
ら12組

MONSTER baSH 2019

2019年8月24日(土)・25日(日)
会場:香川 国営讃岐まんのう公園

8月24日(土)・25日(日)に香川・国営讃岐まんのう公園にて開催される「MONSTER baSH 2019」の第2弾出演アーティストと日割りが発表されました。
「MONSTER baSH」はモンバスの愛称で親しまれている中四国最大級の野外ロックフェス。豪華アーティストが香川に集結し、暑い四国の夏を盛り上げ続け今年開催20周年を迎えます。「空海」「龍神」と呼ばれる2つのメインステージの他に、アコースティックを楽しめる茶堂ステージなど、個性豊かな会場でそれぞれが音楽を楽しめる空間も魅力的。記念すべき今回はさらなるパワーアップが期待されます。
今回発表されたアーティスト
BLUE ENCOUNT
go!go!vanillas
氣志團
WANIMA
ズーカラデル
ASIAN KUNG-FU GENERATION
BAND-MAID
マキシマム ザ ホルモン
MONGOL800
打首獄門同好会
ウルフルズ
UVERworld
日割りは以下の通りです。
■8月24日(土)
04 Limited Sazabys / [ALEXANDROS] / Anly / BLUE ENCOUNT / FOMARE / 藤原さくら / go!go!vanillas / ハルカミライ / ジャパハリネット / KEYTALK / King Gnu / 氣志團 / kobore / LONGMAN / マカロニえんぴつ / 真心ブラザーズ / My Hair is Bad / POLYSICS / 崎山蒼志 / SHANK / SHE’S / SUPER BEAVER / 竹原ピストル / THE ORAL CIGARETTES / 東京スカパラダイスオーケストラ / WANIMA / ヤバイTシャツ屋さん / ヤングオオハラ / ズーカラデル
■8月25日(日)
ASIAN KUNG-FU GENERATION / BAND-MAID / BiSH / BRADIO / DEPAPEKO(押尾コータロー×DEPAPEPE) / Dizzy Sunfist / Dragon Ash / 藤井 風 / KAN / LOVE PSYCHEDELICO / マキシマム ザ ホルモン / MONGOL800 / MONOEYES / ネクライトーキー / 緑黄色社会 / SHISHAMO / SiM / 菅原卓郎 SESSION2019 / スキマスイッチ / sumika / Survive Said The Prophet / 四星球 / the telephones / THE TOMBOYS / 打首獄門同好会 / ウルフルズ / UVERworld / 山本彩
チケットは5月20日(月)23:59までイープラスにて先行抽選予約を受付中です。
MONSTER baSH 2019
【第2弾出演アーティスト&出演日発表!!】
第2弾発表の12組に加え、出演日程が決定しました!!
チケットは只今、モンバスHPにて抽選先行受付中!
今年も最高の夏を、モンバスで!https://t.co/WrHF0FYSw7#モンバス#第2弾出演アーティスト pic.twitter.com/WcuiSBN6rs
— MONSTER baSH (@MONSTERbaSH_) 2019年5月10日

AndMore!

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」