宇宙Six/ジャニーズJr.の原嘉孝、乃
木坂46の桜井玲香、元木聖也らが出演
 登場人物は全員詐欺師!?のロンド
ンで人気のコメディー舞台が日本初上

イギリスで大ヒット上演中のコメディー舞台『The Comedy About A Bank Robbery』が日本初上陸することが決定した。タイトルを『THE BANK ROBBERY!〜ダイヤモンド強奪大作戦〜』として、2019年8月2日(金)~12日(月・祝)東京・新国立劇場 中劇場、8月16日(金)・17日(土)大阪・森ノ宮 ピロティホールにて上演される。
主演に、自身単独舞台初出演となる宇宙Six/ジャニーズJr.の原嘉孝が抜擢。そして、乃木坂46の桜井玲香、元木聖也はじめ、尾上寛之、しゅはまはるみ、ラブレターズの溜口佑太朗・塚本直毅、大堀こういち、市川しんぺー、田中要次といった実力派俳優たちが名を連ねる。また、翻訳を谷賢一、演出を小林顕作が務める。
原 嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)
桜井玲香(乃木坂46)
元木聖也
尾上寛之
しゅはまはるみ
溜口佑太朗(ラブレターズ) 塚本直毅(ラブレターズ)
大堀こういち
市川しんぺー
田中要次
谷 賢一
小林顕作
本公演は、軽快なテンポの中で、巧みな言葉遊びと計算されたストーリー構成、意表を突く演出で人気を博し、数々の演劇賞を受賞してきた、今イギリスで最も勢いのある頭脳派コメディ劇団”Mischief Theatre”(ミスチーフシアター)の 最新作。2016年春、イギリス・ロンドンでの開幕から3年目に突入し、2019年8月、満を持して日本初上陸を果たす。
登場人物は全員詐欺師!?。幻のダイヤモンドを巡って、騙し、騙され、惑わし合い……。物語は、何が本当で、何が嘘なのか、予想外のどんでん返しが起きる、ハラハラドキドキのサスペンスコメディーだ。
原 嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.) コメント
ロンドンで大人気の舞台をこの原が主演!? しかもずっとやりたかったコメディー!! 最初聞いた時の驚きは鮮明に覚えてます。今では、名だたる先輩方とこのような素晴らしい作品を、 素晴らしい劇場で上演できる。そんな喜びとワクワクで興奮の毎日を過ごしてます! そして稽古からゲラゲラ笑いの絶えない現場になる事を確信してます! また、今回僕としては初の単独主演です。先輩方に支えていただきながらも、個人として大きく成長できるよう精一杯務めさせていただきます!!絶対面白い作品にするので、たくさんの方に劇場に足を運んでいただけたら幸いです!
桜井玲香(乃木坂46)コメント
今からどんな作品になるのか、とても楽しみでワクワクしています。 嘘ついてる時が分かり易いと言われるタイプですが、今回演じるカプリスは詐欺の名人なので、共演者の皆さんもお客 さまも会場全体を騙すつもりで頑張ります!
元木聖也 コメント
今回このお話をいただいた時にすぐに出演したいと思いました! 物語の概要を読んだ だけでとても面白そうでそこに重ねてとても素敵なキャストさんが揃っていて、共演させていただくことになってとてもワクワ クしています! 個人的には演出の小林顕作さんとついにお芝居の場で共演出来ることになって嬉しいです! 最近やっていた役でも、ずっとお宝を狙って過ごしてきていたので、今回もお宝いただきたいと思います! 僕自身も楽しんで参加したいと思います!
【あらすじ】
1958年夏。アメリカ合衆国ミネソタ州。ミネアポリス都市銀行はハンガリーの国王子から非常に高価なダイヤモンドを預 かることになり、その街のスリ、脱獄囚、泥棒、詐欺師たちが、それぞれダイヤモンド窃盗の陰謀を図る。互いの騙し、騙され合いが重なり、身元が取り違えられたり、恋の三角関係が巻き起こったり、事態は奇想天外の方向に……。果たして誰が ダイヤを手に入れることができるのか……!? ハラハラドキドキのサスペンス喜劇!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着