「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019」
第3弾で打首、オーラル、ロットン、
崎山蒼志ら

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO

2019年8月16日(金)・17日(土)
会場:北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

8月16日(金)・17日(土)に北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催される「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」の第3弾出演アーティストが発表されました。
「RISING SUN ROCK FESTIVAL」は、日本初の本格的オールナイト野外ロックフェス。1999年にスタートし、日本の4大夏フェスと呼ばれる内の1つとして知られています。開催20回目を迎えた2018年は2日間で約7万4000人を動員しました。
今回発表されたアーティスト
アシュラシンドローム
打首獄門同好会
THE ORAL CIGARETTES
オメでたい頭でなにより
QUEENESS
GLIM SPANKY
Saucy Dog
崎山蒼志
T字路s
DEPAPEKO(押尾コータロー×DEPAPEPE
七尾旅人
Nulbarich
BAND-MAID
BEGIN
MOROHA
RALLYE’S JAM (LUCKY TAPESDATSTENDRE & more)
ROTTENGRAFFTY
FRIDAY NIGHT SESSION(山口洋、細海魚仲井戸“CHABO”麗市
これまでに発表されている出演アーティスト
赤い公園 / アシュラシンドローム / 吾妻光良 & The Swinging Boppers / 打首獄門同好会 / ELLEGARDEN / OAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND) / THE ORAL CIGARETTES / オメでたい頭でなにより / 吉川晃司 / 9mm Parabellum Bullet 15th Anniversary ~RISING SUN SONGS~ / King Gnu / 銀杏BOYZ / QUEENESS / クリープハイプ / GLIM SPANKY / Saucy Dog / 崎山蒼志 / 佐野元春 & THE COYOTE BAND / SHISHAMO / SHANK / ストレイテナー / SOIL&”PIMP”SESSIONS / DMBQ / DYGL / T字路s / DEPAPEKO(押尾コータロー×DEPAPEPE) / TENDRE / 東京スカパラダイスオーケストラ / 怒髪天 / 七尾旅人 / Nulbarich / NUMBER GIRL / ハルカミライ / BAND-MAID / Hump Back / BEGIN / フジファブリック / Homecomings / My Hair is Bad / MOROHA / RALLYE’S JAM(LUCKY TAPES、DATS、TENDRE & more) / Rei / ROTTENGRAFFTY / FRIDAY NIGHT SESSION
チケットは、4月26日(金)12:00よりローチケにてオートキャンプ付入場券の抽選予約の受付がスタートします。
【第3弾アーティスト発表!!】18組のアーティストを追加しました!個性あふれるの18組を要チェック!!!https://t.co/QF6MncTHiu#RSR19 pic.twitter.com/uHjGG7NqA3
— RISING SUN ROCK FES (@rsrfes_official) 2019年4月25日

AndMore!

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着