リンキン・パーク「新しい音楽につい
て話し始めているが、いつになるかは
…」

リンキン・パークのメンバーは、新しい音楽の制作について口にするようになったという。
Contactmusic.netによると、ジョー・ハーン(DJ)は韓国の通信社、聯合ニュースにこう話したという。「メンバーはいま、自分自身や家族のことを大切にし、自分たちなりに問題を乗り越えようとしている。そして…、バンドはいま、一緒に新しい音楽を作ることについて話し始めている」

いつになるかとの質問には、「多分、10年後? それより早いかもね」とはぐらかし、「期限を設けたくないんだ。僕らは、いまこの瞬間に焦点を当て、音楽について話したいだけだ。細かい計画について話してるわけじゃない。僕は、ウエアハウスで音楽作っていた時代に戻りたい」と答えた。

新しい音楽を制作するのであれば、シンガーを誰にするのかという最大の難関を乗り越えなくてはならない。

マイク・シノダは2ヶ月ほど前、『Rock Antenne』のインタビューで、チェスター・ベニントンに代わる新シンガーを見つける可能性はあるかと問われた際、「いま、僕はそういうのを目指してはいない。自然に起きなくてはいけないことだと思う。もし、いい人が見つかり、性格的にもスタイル的にも相応しい人がいたら、何かやってみるかもしれない。代わりってわけじゃない…。チェスターの代わりがいるなんて思いたくない」と答えていた。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。