結成15周年を記念した
再録ベストアルバム
『花鳥ノ調』『風月ノ詩』が完成。
2019年現在のA9が提示するA9自身、
5人が向かう未来とは――。

精力的なライブ活動と並行して、2017年4月に『IDEAL』、2018年4月に『PLANET NINE』と、驚くべきスピードでフルアルバム2作を生み出してきたA9。そして迎えた2019年4月、彼らが新たに世に送り出すのは、結成15周年を記念した再録ベストアルバム『花鳥ノ調』『風月ノ詩』だ。この15年間の活動中、初期に当たる“アリス九號.”“Alice Nine”時代の全21曲が、現在の5人によってアップデートされた渾身のベスト盤は、まさにA9の名刺代わりとなる必聴の2枚。そんな今回の作品について、そしてA9の今を5人にたっぷりと語ってもらった。

何事もなくちゃんと
やっていられるのって、
結構すごいこと(虎)

――久々の5人揃っての登場です。昨年末の虎さんの入院、手術というのは、大きな出来事でした。
虎:コンスタントに話題を作っていく俺、偉いなと思いました(笑)。普通だったら、ライブを飛ばしちゃったり、発売延期とかあると思うんですけど、何事もなくちゃんとやっていられるのって、結構すごいことだなと自分でも思いますね。

――発表から復帰まで早かったですよね。
虎:入院生活が耐えられなかったんですよね(苦笑)。正直、抜け出せると思っていたんですけど、思ったより厳しかったです。入院って、勝手に抜け出すイメージないですか? 入院が確定した時に、そればっかり考えていたんですよ。
ヒロト:ドラマの見過ぎじゃない(笑)?
沙我:虎ファンは、お叱りのメッセージを送ってあげてください(笑)。
将:最初に報せを受けた時は、本当に血の気が引きましたよ。何があってもおかしくないというのは、この15年の中で感じていることで、メンバー5人がたまたま奇跡のように続けて来られていること、それをこれからも続けていくために、生活もちゃんと気を付けなきゃいけないんだなと、5人で再確認しましたね。

――Twitterによると虎さんの入院中にヒロトさんのイケメンエピソードがあったようで。
ヒロト:何ですっけ?

――メッセージカードと共に靴のプレゼントが。
ヒロト:あぁ…!
将:真っ先に駆けつけた俺のことは触れられていなかった(笑)。

――(笑)。メンバー愛だなと思って。
ヒロト:15年一緒にいますからね。あれは、物があると見て思い出すかなと思って。人って、結構忘れるじゃないですか。自分も死にかけたことがあるんですけど、時間が経つとその時の辛さを忘れるので。
Nao:あれはカッコいいプレゼントですよね。僕が持って行ったのは『ゴルゴ13』の漫画ですよ(笑)!
ヒロト:そういうところも、バンドってキ

アーティスト

Vif

インタビュー、ライブレポート、アーティストのコメント動画など情報満載! ROCKの総合情報サイトVif