スラッシュ、AC/DC新作の噂に「全員
戻るなんて素晴らしい」

AC/DCがアンガス・ヤング、ブライアン・ジョンソン、フィル・ラッド、クリフ・ウィリアムズ、スティーヴィー・ヤングのラインナップでアルバムを制作しているとの噂に、AC/DCの大ファンであるスラッシュがコメントした。
Consequence Of Sound』のインタビューで、この噂について問われたスラッシュはこう答えた。「どこから始めよう。AC/DCは文句なしに、(ザ・ローリング・)ストーンズを別にすると、史上最高のロックンロール・バンドだ。俺にとってはいつだってストーンズが1番だ。そしてAC/DCだ。AC/DCのように、50年代の影響を受けたストレートなロックンロールをプレイするバンドは他にない。俺はそれで彼らを愛してる。俺は、フィル・ラッドは史上最高のドラマーの1人だと思ってる。だから、彼がAC/DCにいないときはいつもガッカリしてた。クリフが戻るっていうのも素晴らしい。この前のツアーの最後に楽屋で彼らに会ったとき、彼はリタイアするって言ってた。だから、みんなが戻るのは素晴らしい。とくに、ブライアンが復帰するなんて最高だ」

昨年8月、カナダ・バンクーバーのスタジオでアンガス&スティーヴィー・ヤング、ジョンソン、ラッドの姿が相次いで目撃され、関係者の話としてウィリアムズも参加予定だと伝えられた。

バンドからまだ正式な発表はないが、メンバーと一緒に目撃されたエンジニアのマイク・フレイザーは最近、「ああ、そうだ。彼らがスタジオに入り何かしてたってことは言えるよ。それがどうなるかってことはまだ話せない」とコメントし、ジョンソンが歌っているのかとの質問には「そう思うよ(笑)」と答えていた。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。