開催目前! 5/3に『SUPER GT』の第2
戦が富士スピードウェイで開幕

SUPER GTのシリーズ第2戦『2019 AUTOBACS SUPER GT Rd.2 FUJI GT 500km Race』が、5月3日(金・祝)~4日(土・祝)に富士スピードウェイで開催される。
SUPER GTはトヨタ、日産、ホンダといった自動車メーカーのワークスチームが中心の「GT500」と、プライベーターチームが数多く参戦する「GT300」という、2つのカテゴリーが混走する耐久レース。クラスの違うマシンが一緒に走るため、コース上のあちこちで追い抜きシーンを見ることができる、日本でもっとも人気の高いレースカテゴリーの一つだ。
今回のシリーズ第2戦では、5月3日に予選が、4日に決勝レースが行われる。なお、レースの開催期間中、富士スピードウェイでは以下のイベントが行われる。
予選終了後に中学生以下の子どもと同伴の保護者2名までがピット前を歩ける「キッズウォーク」決勝・予選日の昼にピット前を開放する「ピットウォーク」予選日早朝に各ピットでマシンの車検が行われている間にピットレーンを開放する「オープンピット」レース終了直後のコースを開放する「コースウォーク」
※「ピットウォーク」と「オープンピット」に参加するにはパドックパスが必要
このほか3日の19:00からは、ピットビルの3つの大型ビジョンで映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を上映。イベント広場にふわふわキッズテントを用意するなど、家族で楽しめるイベントとなっている。
イベント広場にはふわふわキッズテントが設置される
「GT500」ではLEXUS(トヨタ)はLC500、日産はGT-R、ホンダはNSXで参戦。シリーズ初戦では荒天のなか野尻智紀/伊沢拓也がドライブする「ARTA NSX-GT」が優勝を飾った。LC500、GT-R、NSXによる熱き三つ巴戦の行方は。超高速サーキットの富士スピードウェイを制するのはどこか。今季のチャンピオンシップを占う意味でも注目される。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。