『VIVA LA ROCK 2019』大トリのスカ
パラ、ゲストボーカルにMAH、TAKUMA
、GENらが登場

2019年5月3日(金・祝)から6日(月・休)の4日間、さいたまスーパーアリーナにて開催される『VIVA LA ROCK 2019』の最終日に大トリを務める東京スカパラダイスオーケストラのゲストボーカルとして、キュウソネコカミ(全員)、MAH(SiM)、TAKUMA(10-FEET)、猪狩秀平・YUJI・満・かなす・イイカワケン(HEY-SMITH)、GEN(04 Limited Sazabys)の全5組が登場する。
また、Fender ✕ VIVA LA ROCK 2019のコラボレーション企画として、Fenderの楽器を自由に手にとって弾いたり、Fenderと所縁の深いビバラ出演アーティストたちがトークショーを行うスペースを屋内200Lvに設置。5月3日(金・祝)は寺中友将・首藤義勝(KEYTALK)、5月4日(土・祝)は小笹大輔・楢崎誠(Official髭男dism)と亀田誠治、5月5日(日・祝)は石毛輝長島涼平(the telephones)、6日はたかはしほのか(リーガルリリー)が、それぞれトークゲストとして登場する。このコラボに伴いスペシャルコラボグッズとしてKEYTALKの寺中友将と首藤義勝プロデュースのFenderコラボグッズのほか、FenderとビバラのコラボTシャツが、会場限定で販売される。
さらに、初日・5月3日(金・祝)にSTAR STAGEにてトップバッターを務めるBLUE ENCOUNTが、6月5日にリリースするミニ・アルバム『SICK(S)』に収録の「ハウリングダイバー」をVIVA LA ROCKのステージで披露し、その模様を同曲のミュージックビデオとして撮影することが決定。貴重な機会をお見逃しなく。
BLUE ENCOUNT
そのほかにも、埼玉県内限定オーディション「ティーネイジサイタマ」の最終ライヴ選考の選出者全10組が発表されているほか、屋外のフリースペース・VIVA LA GARDENにて、『VIVA LA ROCK』開催期間中の5月3日~5月6日、東北ライブハウス大作戦ブース展開も決定。同ブースにて幡ヶ谷再生大学”木札 WITH A MISSION”の『VIVA LA ROCK 2019』とのコラボ木札を受け付ける。
そして、映像配信サービスGYAO!にて『VIVA LA ROCK 2019』の最速無料配信も決定しており、フェス開催翌日の正午よりアーカイブ配信が開始される。今回解禁された内容の詳細は、オフィシャルサイト(https://vivalarock.jp/2019/)でもチェックしておこう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。