【ライヴレポート】DEZERT、ホールツ
アー開幕「この一歩が正しいと信じて

DEZERTが4月19日、東京・日本橋三井ホール公演を皮切りに自身初の全国ホールツアー<DEZERT 2019 TOUR “血液がない!”>をスタートさせた。同公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。
有限かつ不可逆。この世の生きとし生けるものにとって、その事実はおおよそ共通項だと言えるはず。

“いぇい!どうせ戻れないなら さぁ進んじゃうのさ”──DEZERTが先だって発表した最新両A面シングル『血液がない!/Call of Rescue』に収録されている「血液がない!」という楽曲の中には、この歌詞がサビ前に織り込まれているのだが、現在進行中の全国ホールツアー<血液がない!>の初日として4月19日に日本橋三井ホールにて行われたライヴは、まさにここから“進んじゃおう”としている彼らの姿そのものを、とても強く感じられる場となっていたのではなかろうか。
派手な登場SEの類いを特にかけることもなく、開演時間をやや過ぎた頃、おもむろにステージ上へと現れたDEZERTの面々は、まずインプロヴィゼイション的な色合いの強いラフめのセッションを開始。そこから、極めて自然な流れの中で事実上の1曲目として提示されたのは、最新シングルに収録されている新曲「Call of Rescue」に他ならない。

もともと曲が生まれてきた段階で、「これはライヴの1曲目とかでやるのが似合いそうだなと感じていた」とフロントマン・千秋がインタビューなどでも語っているだけに、やや淡々としたテンションから始まっていきながらも、展開していくに従ってだんだんと熱を帯び、訴求力を増していく歌とバンドサウンドが圧倒的なスケール感をもって響き出していくこの曲は、聴衆の心をいきなり冒頭からワシヅカミにするだけの底力を発揮していたと言えよう。

特に、曲中で何度か千秋が発する“救いは「あなた」の中”というメッセージ性を含んだフレーズは実に印象的で、そこには何ゆえこの曲に「Call of Rescue」なるタイトルが冠されたのか、という回答が、ある意味では凝縮されていたようにも感じられた。と同時に、千秋が歌いながら弾くギターフレーズと絶妙な距離感をとりながらMiyakoが奏で出す奥行きと深みをあわせ持ったギターワーク、得意のフィンガーピッキングを活かしたSacchanの巧みなベースプレイ、魂のこもったSORAによるリズムアプローチが、この曲を表現していくうえでの確かな裏打ちとして存在していたことも、特筆すべき点であったと断言出来る。
一方で、この夜の序盤戦ではアバンギャルドな毒ポップチューンに仕上がっているようでいて、鋭い切れ味で真実を抉ってゆくエッジーなスタンスの「血液がない!」を含め、あれこれと躍動感を持った楽曲たちも次々と繰り出されていくことに。ただ、この日本橋三井ホールという会場はその場所柄もあってか、基本的にロックバンドがアグレッシヴなライヴをするという前提のもとでは設計されていない構造のため、なんとあらかじめホールロビーには“ジャンプとモッシュ禁止”という注意書きが貼られていたのだった。

普段のDEZERTのライヴであれば当たり前になっている事たちが、当たり前にはいかないという現実。それに対し、どうやら訪れたファンたちは当初ちょっとした不安や戸惑いを持っていたようなのだが、たとえば「脳みそくん。」では跳ねたり飛んだりはせずとも、しっかりと地に足を着けながら上半身では激しいヘドバンをみせるという、オーディエンス側の頼もしくも微笑ましい様子が垣間見られる一幕も。
また、今回のライヴにおいてはホールツアーということを鑑みてなのか、千秋が観衆に対してウォールオブデスを促すようなくだりも見られることはなく、DEZERTなりの郷に入ってはなんとやらという手法でのあらたなパフォーマンススタイルが実現していたことは間違いない (とはいえ、本編後半の「「教育」」や「「遺書。」」などでは普通に激しく煽りまくっていたあたりが痛快だったのも事実)。

もっとも、冒頭での「Call of Rescue」が第1の矢であったとすると、この日のライヴにおいては千秋曰く、「音楽家・DEZERTを本気で突き詰めていった」曲だという中盤での「Stranger」(最新シングルのカップリング曲)が第2の矢、そして本編ラストで歌われた「TODAY」(最新アルバムの表題曲)が第3の矢として、聴き手の心を射貫いていくことになったのも大きな注目点であった、と筆者は確信している。
「ツアー<血液がない!>の初日、どうもありがとうございました。僕たちはこの初日をもちましてツアーに行きますが、人間というのは多分みんな、記憶を積み重ねていくしかない属性なんだと思います。だから、たとえ今回のツアーでどんな辛い記憶が生まれようと……というか、きっとほとんど辛い記憶になっていくと思いますし、今日の初日が一番幸せだったという風になるかもしれませんけど、その辛い気持ちも何もかもをここから受け容れて、とりあえずいろいろ間違ってるかもしれなくても、まずは一歩前に踏み出してから帰って来ます!」──千秋

そう高らかに言い切った千秋だが、それでいて実はこの言葉には続きがあった。

「(中略) だけど、一歩踏み出すと、大体そういう時は否定されるということが僕はこの歳になってわかりました。そう、“一歩踏み出す勇気”みたいな曲は世の中にいっぱいあるけど、実際は踏み出せば否定されるし値踏みされる。今はそういう時代、いや世界だなと思います。でも、もし否定されたりしたら一切無視してください。オマエのそれは失敗だとか、そんなことを言われたとしてもです。僕は去年、頭の中から失敗という文字を消しました。失敗なんか存在しない、という脳みそになりました。間違いはある。でも、失敗はない。僕はそう信じてます。だから、僕はこのツアーをもって、その信念が確信に変わるように胸を張ってやっていこうと思うので、これからもよろしくお願いします。……そして、“今日”という日を胸を張って生きられるように。僕のために、君のために、スタッフのために、神様のために、ではなく。“僕たち”のために。何年経てば確信になるかはわかりませんが、確かに今日、僕はここで一歩を踏み出します。誰になんて言われようと、僕はこの一歩が正しいと信じて、最後にこの曲を贈ります。「TODAY」」──千秋
果たして、このライヴを観ていて、このラストシーンに臨してなお心震えることはなかったという人が、どのくらいいるものなのだろう? そう思えるくらいに、このときに聴けた「TODAY」の持つ説得力は尋常ならざるほどの絶対的な圧を持っていたのだ。

その「TODAY」では“ここが出発点”と歌い切り、「血液がない!」では“いぇい!どうせ戻れないなら さぁ進んじゃうのさ”と歌い上げるDEZERTが、6月22日に再び日本橋三井ホールに還ってくるまで続くこの全国ホールツアー<血液がない!>を通して、いかなる足跡を刻んでいくことになるのか。もちろんここは、とくと見届けようではないか。

取材・文◎杉江由紀
撮影◎柴田恵理

■<DEZERT 2019 TOUR “血液がない!”>4月19日@東京・日本橋三井ホール SETLIST

01. Call of Rescue
02. 胃潰瘍とルソーの錯覚
03. 蝶々
04. 血液がない!
-session-
05. 肋骨少女
06. 脳みそくん。
07. Sister
08. Stranger
09. さぁミルクを飲みましょう。
10. 「擬死」
11. 「ピクトグラムさん。」
12. 「君の子宮を触る」
13. Hello
14. 「教育」
15. 「殺意」
16. 「遺書。」
17. TODAY


■両A面シングル「血液がない! / Call of Rescue」

2019年4月3日(水)リリース
【血液盤(初回限定生産)】DCCL-229 ¥2,000+tax
CD:1.血液がない! 2.Call of Rescue 3.Stranger
DVD:2019.01.30に行われた恵比寿LIQUIDROOM公演のLIVE映像
初回特典:<DEZERT 2019 TOUR “血液がない!”>ツアー案内状封入+<DEZERT 2019 TOUR “血液がない!” Premium Live>優先先行お申し込み券封入
【レスキュー盤(初回限定生産)】DCCL-231 ¥2,000+tax
CD:1.血液がない! 2.Call of Rescue 3.Stranger
DVD:「Call of Rescue」MV +「血液がない」MV + おまけ映像
初回特典:<DEZERT 2019 TOUR “血液がない!”>ツアー案内状封入+<DEZERT 2019 TOUR “血液がない!” Premium Live>優先先行お申し込み券封入
【通常盤】DCCL-233 ¥1200+tax
CD:1.血液がない! 2.Call of Rescue 3.Stranger
※音源は3形態とも共通


■全国ホールツアー<DEZERT 2019 TOUR “血液がない!”>
4月19日(金) 日本橋三井ホール
5月03日(金祝) 札幌サンプラザ
5月06日(月祝) 新潟市音楽文化会館
5月08日(水) 仙台銀行ホール イズミティ21(小ホール)
5月10日(金) 名古屋市芸術創造センター
5月11日(土) 大阪エル・シアター
6月01日(土) 岡山 さん太ホール
6月02日(日) 福岡 都久志会館
6月22日(土) 日本橋三井ホール
▼チケット
全席指定 前売 ¥5,000(tax in)
一般発売:2019年2月23日(土)
イープラス http://urx2.nu/PSb3
チケットぴあ http://urx2.nu/PSaY
ローソンチケット http://urx2.nu/PSb5
LINE TICKET https://ticket.line.me ※4月19日(金) / 6月22日(土)日本橋公演のみ
FOB TICKET http://www.fobkikaku.co.jp ※5月6日(月祝)新潟公演のみ
TANK! The WEB http://www.sundayfolk.com ※5月10日(金)名古屋公演のみ
※未就学児入場不可・営利目的の転売禁止


■<DEZERT 2019 TOUR “血液がない!” Premium Live>

6月23日(日) 池袋BlackHole
open17:00 / start17:30
▼チケット
前売¥4,000(tax in)
一般発売:4月27日(土)〜
※e+のみ ※お1人様2枚まで ※スマチケのみ(分配可)
※オールスタンディング・入場時ドリンク代別途必要
※営利目的の転売禁止・未就学児童入場不可

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着