新曲「獣たちの夜」の15秒スポット初公開! そして、地元高崎で初公開となるポスター展開を実施!

新曲「獣たちの夜」の15秒スポット初公開! そして、地元高崎で初公開となるポスター展開を実施!

新曲「獣たちの夜」の15秒スポット初
公開! そして、地元高崎で初公開と
なるポスター展開を実施!

ダンサブルでアッパーなナンバー

BUCK-TICKが2019年5月22日(水)にリリースするダブルリードトラックシングル「獣たちの夜/RONDO」から、新曲「獣たちの夜」の15秒スポットが遂に公開となった。
「獣たちの夜」のミュージックビデオから作成された今回の映像は、「RONDO」同様に野田智雄監督の手によるもの。
BUCK-TICK 人気歌詞ランキング
狂乱の渦へと導くダンサブルでアッパーなナンバーとなっており、ライヴでの盛り上がりを予感させる楽曲となっている。
そのタイトルから、先に発表された幕張メッセ2DAYS「ロクス・ソルスの獣たち」との関連を推測されるが、どのような楽曲になり、その意図するところは何なのか?今回の映像から想像してほしい。
TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」ED主題歌
BUCK-TICKの1年2ヶ月ぶりの新曲リリースとなる、ダブルリードトラックシングル「獣たちの夜/RONDO」。
リード曲として収録される「RONDO」は、フジテレビ系TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のエンディング主題歌として、既に放送されており大いに話題となっている。
一方のリード曲「獣たちの夜」は、ベールに包まれた状態であった。しかし、この度楽曲の一端を垣間見ることのできる映像が公開となる。
JR高崎駅ポスター展開
そして、4月22日より約1ヶ月間、BUCK-TICKメンバーの地元となる群馬県JR高崎駅においてメンバービジュアルでデザインされたポスター展開を実施する。
BUCK-TICKはオリジナルメンバー5名、1987年のデビューから30年以上に渡り一度もチェンジをすることなく現在もロックシーンで活動を続けているが、メンバーの出身は全員群馬県。
近年では高崎アリーナでのワンマンライブの開催など地元を特別な地として活動を行っている。ポスタービジュアルは、初公開となるのでお楽しみに。
「BUCK-TICK × TOWER RECORDS CAFÉ」、「BUCK-TICK × ROUND1」などのコラボ企画も開催、発表し、4月24日には、いよいよライヴ映像作品『TOUR No.0』のリリースとなる。
そして5月22日にシングル「獣たちの夜/RONDO」のリリースから同週末の5月25日、26日幕張メッセ2DAYS「ロクス・ソルスの獣たち」の開催など、BUCK-TICKの動向に注目してほしい。
最新映像情報
「獣たちの夜」スポット

ポスター企画掲出に関して
場所:群馬県JR高崎駅
期間:4月22日(月)~5/26(日)
※駅および駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着