変幻自在にトランスフォーム!Dragon Ash、2段階ライブツアー 開催決定!

変幻自在にトランスフォーム!Dragon Ash、2段階ライブツアー 開催決定!

変幻自在にトランスフォーム!Drago
n Ash、2段階ライブツアー 開催決定

Dragon Ash 9/11からツアー決定!

Dragon Ashがライブツアー「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS”」(読み:ザ ファイブス / ザ セブンス)を2019年9月11日から開催することが決定した。
“THE FIVES” / “THE SEVENS”と題された今回のツアー。“THE FIVES”は、Kj(G,Vo)桜井誠(Dr),BOTS(Turntable),HIROKI(G),KenKen(B)の5人のユニットで行うライブ。“THE SEVENS”は、ATSUSHI、DRI-Vのダンサー2名を加えた、7人のフルメンバーで行うライブとなる。
【写真を見る】Dragon Ash アツアツのライブ!
現在進行形のDragon Ashを表現
Dragon Ashのライブはこれまで、“スタンディングまたは、スタンディングアリーナがあること”、“メンバー7人が最大限のパフォーマンスを発揮できるサイズのステージでライブを行うこと”を信条として行われてきた。
しかし、2017年から18年にかけて行われたツアー「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」での経験を経て、もっと自由に現在進行形のDragon Ashを表現するべく、今までの制約を取り払ったフォーメーションでのライブパフォーマンスに挑戦することを決意。バンドにとって新たな試みとなる2段階のツアーを行うことになった。
前半戦後半戦の2段階ツアー
前半戦はステージのサイズに制約のあるライブハウスで行う“THE FIVES”。
“THE FIVES”は、全国22会場、22公演行われるが、Dragon Ashとしては、2nd Full Album 『Buzz Songs』 のリリースに際し1998年に行われたツアー「FACE TO FACE」以来、約21年ぶりとなる東阪CLUB QUATTROなど、“THE FIVES”でしか実現しないライブが行われる。
【歌詞コラム】「何も出来ない」人よ、今こそ大志を抱け!Dragon Ash『AMBITIOUS』
そして、後半戦はフルサイズでのパフォーマンスが可能なステージで行う“THE SEVENS”。
“THE SEVENS”は全国8会場8公演が行われるが、ダンサーがメンバーであるDragon Ashならではのエンタテインメント性の高いロックショーが行われる。
チケットに関する詳細はオフィシャルサイトで確認してほしい。
どの様なライブになるのか?変幻自在にトランスフォームするライブツアー、
「DRAGONASH TOUR 2019 “THE FIVES” / “THE SEVENS”」をお楽しみに!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」