ブラック・サバス、故郷バーミンガム
で回顧展が開催

ブラック・サバスの故郷、英国バーミンガムの美術館Birmingham Museum & Art Galleryで、彼らの回顧展<Home of Metal: Black Sabbath 50 Years Exhibition>が開かれることになった。
“バンド、彼らのレガシー、ファンを称える”と謳い、オジー・オズボーンは「俺はバーミンガム出身のただの男だ。有難いことに、キャリアを通じ熱心なファンたちに恵まれた。いつも言っている通り、“彼らがいなかったら、俺は何者でもない”」と、トニー・アイオミは「ファンは僕らの活力の源だ。彼らはいつだって僕らを支援しそこにいてくれた」、ギーザー・バトラーは「僕は常に、サバス・ファンは最も忠誠で正直で、独立した精神の持ち主だって公言してきた。長年に渡る素晴らしいサポートを、彼ら一人一人に感謝したい」、ビル・ワードは「サバス・ファンなら、君らの全ては美しく有意義だ。君たちのためにプレイでき、曲の心やソウルを通じ君らに会えたことを感謝している。自分を大切に、そして永遠にロックし続けろ」と、コメントしている。

また、オジーは今週公開された回顧展の予告編映像の中で、「自分がこれまでにやってきたことを、ものすごく誇りに思っている」と話した。
<Home of Metal: Black Sabbath 50 Years Exhibition>は、6月26日から9月29日まで開催される。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。