ビヨンセ、ドキュメンタリー映画と共
にライブ・アルバムをサプライズ・リ
リース

ビヨンセが水曜日(4月17日)、ドキュメンタリー映画『Homecoming』の公開と共に、ライブ・アルバム『Homecoming: The Live Album』をサプライズ・リリースした。
どちらも、2018年4月14、21日にアメリカで開催されたコーチェラ・フェスティバルでの“ブラック・パワーと自由を祝した”パフォーマンスを収録しており、映画はNetflixでプレミアされた。ビヨンセは同フェスティバル2週目のパフォーマンスで、デスティニーズ・チャイルドとリユニオン。夫ジェイ・Z、J.バルヴィンらもゲスト出演した。ライブ・アルバムには、新たにスタジオでレコーディングされ、映画の最後に流れたメイズの「Before I Let Go」のカバーも収録されている。

ビヨンセはこのとき、黒人の女性アーティストとして初めてコーチェラ・フェスティバルのヘッドラインを飾った。

ドキュメンタリー『Homecoming』では公民権運動活動家で詩人、歌手、女優でもあるマヤ・アンジェロウ、ナイジェリアの作家チママンダ・アディーチェ、哲学者/政治思想家コーネル・ウェストらの解説が入り、ビヨンセのパフォーマンスのテーマがより鮮明となり、また、ビヨンセが想像以上に完璧主義であることが見て取れるという。
ビヨンセは当初、2017年に同フェスティバルに出演するはずだったが、双子を妊娠したため1年延期。初めて明かすわけではないが、彼女はドキュメンタリーの中で、妊娠高血圧症候群を発症した上、お腹の中で赤ちゃんの1人の心拍が数回停止したため、緊急帝王切開で出産したなどと語った。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。