ルイ・トムリンソン、妹の死後初のS
NS投稿

ルイ・トムリンソンが水曜日(4月17日)、先月13日に妹Feliciteさん(享年18歳)を亡くして以降初めてTwitterに投稿した。
ルイは「この数週間、みんなから届いた親切な言葉にありがとうって言いたい。今日、スタジオに戻る。数ヶ月前に書いた曲にヴォーカルを入れる。みんなにたくさんの愛を送るよ」と、つぶやいた。
Feliciteさんは、ロンドンにある自宅で心臓発作を起こし、一緒にいた友人が異変に気づき緊急通報し、救急救命士が心臓マッサージなどを施したが、その場で死亡が確認されたと伝えられている。ルイは2日後(3月15日)予定されていたBBCのチャリティー番組への出演をキャンセルし、SNSからも遠ざかっていた。ルイは2016年12月に母Johannahさんを白血病で亡くしており、番組では彼女に捧げた最新シングル「Two Of Us」(3月7日リリース)をパフォーマンスする予定だった。

妹が亡くなる数日前には、母を喪った悲しみや、どうやってそれに向き合ったかをインタビューで率直に語っていた。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。