ブラックホールの撮影成功で、ミュー
ズとSガーデンの「ブラックホール」
ソングに注目

先週、ブラックホールの輪郭撮影成功が報道されて以降、ミューズの曲「Supermassive Black Hole」(2006年)とサウンドガーデンの「Black Hole Sun」(1994年)が再注目されており、ストリーミング数が急増したそうだ。
『Billboard』によると、アメリカでの「Supermassive Black Hole」のストリーミング数(オーディオおよびビデオ総計)は、報道前の4月7~9日に比べ10~13日には33%、「Black Hole Sun」は26%上昇したという。ビデオに限れば、「Supermassive Black Hole」の視聴回数は153%、「Black Hole Sun」は64%も増えている。
ミューズは「Supermassive Black Hole」を収録した4枚目のアルバムにもブラックホールという言葉を入れている(『Black Holes And Revelations』)。

また、クリス・コーネルのファンは「Black Hole Sun」にちなみ、オンライン署名収集サイトChange.orgにて、コーネルを追悼し、「撮影に成功したブラックホールにコーネルの名を付けよう」と嘆願するキャンペーンを始めた。

Ako Suzuki

関連記事

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。