マイケル・シェンカー、元バンド・メ
イト、ポール・レイモンドを追悼

UFOのポール・レイモンド(Key/G)の訃報を受け、元バンド・メイトのマイケル・シェンカーが追悼の言葉を寄せた。
シェンカーは「信じられない。ポール・レイモンドは素晴らしいミュージシャンで、ロックンロールを愛していた。彼の最愛の人たちへお悔やみを。友よ、安らかに」とのメッセージをFacebookに投稿した。
また、同じくUFOの元メンバーで、脱退後、Waystedでもレイモンドと活動を共にしたピート・ウェイは「ポール・レイモンドの悲報を知った。僕は、僕らが常にベスト・フレンドだったふりをするつもりはない。でも、これを聞き、僕は完全に打ち砕かれた。彼の家族、とくにサンドラに心から哀悼の念を捧げる。友よ、寂しくなる! ゆっくり休め」と追悼した。
デフ・レパードのジョー・エリオットは「文字通り、Planet Rockで俺のUFOへのトリビュート番組が放送されている中、悲しいことに彼らの長年のキーワード・プレイヤー、ポール・レイモンドが心臓発作で亡くなったとのニュースが流れた…。彼らは、UK&アイルランド・ツアーを大好評のうちに終えたばかりだった。フィル・モグがバンドからのリタイアを発表し、彼らのラスト・ツアーになるはずだった。とても悲しい&時期尚早な最後になってしまったようだ。俺は長いこと、俺らのヒーローの多くがこういうことが起きる年齢になったと言ってはきたが、そうなってみるとショックで、本当に本当に悲しい…RIP ポール・レイモンド」と、ジューダス・プリーストは「ポール・レイモンド、彼の家族、ファンに愛を送る。俺らはUFOと多くの公演を開いてきた。ポールのことを素晴らしいミュージシャンで友人として記憶にとどめる。安らかに」と偲んだ。
メタリカのカーク・ハメット、メガデスのデイヴィッド・エレフソン、ダグ・アルドリッチ、マット・ソーラム、サクソンらからも追悼の言葉が寄せられた。
レイモンドは土曜日(4月13日)、心臓発作により73歳で死去。数日前にUKツアーを終えたばかり、突然のことだった。UFOは「今日、僕らはあまりにもショックで何も綴ることができない」とだけコメントしている。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。