UFOのポール・レイモンド(Key/G)が、土曜日(4月13日)心臓発作のため73歳で亡くなった。UFOはその8日前にUKツアーを終えたばかりだった。
ポールのパートナー、サンドラさんはFacebookを通じて訃報を伝えた。「私の命を奪うのではないかと思うほどの絶望、失意、涙、痛みを感じる中、私の最高に美しく最愛の人、ポール・レイモンドが今日亡くなったとお伝えしなくてはなりません。医師たちは彼を蘇生させようと尽くし、一度は成功しましたが、彼のシステムは再び停止し、もうできることはありませんでした。心臓発作で亡くなりました」
掲載した写真は、水曜日(10日)撮られたものだという。

ポール・レイモンドは、1976~1980、1984~1986、1993~1999、2003~現在にいたるまでUFOに在籍。マイケル・シェンカーがUFOを脱退した際には彼のバンド、MSGに参加したほか、UFOのベーシストだったピート・ウェイとWaystedでも活動した。

UFOは、「今日、僕らはあまりにもショックで、サンドラの投稿をリンクする以外、何も書くことができない」とコメントしている。
UFOは昨年、フロントマンのフィル・モグがもう一度ツアーを行なった後、バンドを脱退すると宣言し、先月、50周年記念ツアー<UFO Last Orders 50th Anniversary Tour>を英国でスタートした。6月からはヨーロッパ・ツアーが予定されている。

合掌。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。