Dos Monos、AWAでプレイリスト& イ
ンタビュー公開 「メインを侵食して
いくバグでありたい」

Dos MonosがAWAでプレイリスト『ドスシティの住人』を公開した。

Dos Monosは1993年生まれの荘子it(ラッパー/トラックメーカー)、TAITAN MAN(ラッパー)、没(ラッパー/DJ)の3人からなるヒップホップ・ユニット。2017年に初の海外ライブを韓国・ソウルで成功させ、その後は“SUMMER SONIC’17”などに出演。2018年にはLAのレーベル〈Deathbomb Arc〉との契約も発表し、フランスのフェス“La Magnifique Society”などにも出演し、2019年3月にデビュー・アルバム『Dos City』をリリースした。このアルバムはフリージャズやプログレなどからインスパイアされたビートに加えて、3MCのズレを強調したグルーヴが魅力となっている。今回、AWAでプレイリストを作ってもらい、荘子itとTAITAN MANのふたりに話を聞いた。

――アルバム『Dos City』はどういう経緯で作られたのか。

荘子it(写真:中央):僕自身が高校3年生の時からトラックを作り始めて、できあがったトラックを世に出すために、中高の同級生に声をかけて、ゼロからスタートしたんです。本当にやりたいようにやっただけなので、色々なコンセプトは後付けなんですよ。アルバム名の『Dos City』はもうひとつの街。活動し始めたときから、シティポップが流行っていて。それと同じようなカルチャーには属しているけど、おれたちなりのシティ・ミュージックはこういうことっていうのを形容しています。このコンセプトを何で言い表すかって思ったときに『もうひとつの街』(原題:Druhé město [The Other City])っていうチェコの作家・Michal Ajvaz(ミハル・アイヴァス)の小説があって、それからタイトルをとりました。

TAITAN MAN(写真:左):僕たち3人はもともと中高でバンドを組んでいて。荘子itはギターで、僕はドラム。その時のボーカルは元yahyelで、今はDATSのMONJOEですね。

荘子it:大学受験でバンドは解散して、暇だったので、トラックを作り始めたんです。それがだんだん形になっていって、いい感じになっていったのが、Dos Monosに直結した。高3だから6年前とかですね。バンドをやめて試行錯誤してトラックを作りました。もともとはバンドのデモを作るために、DTMをやり始めたんですけど、バンドをやめて、ひとりで曲を作ろうってなってからは、だんだんバンド・サウンドから遠く離れた曲を作るようになっていきました。

TAITAN MAN:僕は中高でドラム叩いてて、大学に入ってからは3年くらい演劇をかじってたんですよ。そこで発声のリズムはおもしろいなとか思ってたところ、荘子itからラップやろうって誘われて、それではじめたという感じですね。

――なるほど。Dos Monosのコンセプトや名前の由来についても聞いてみた。

荘子it:僕は隙間産業の廃棄物ってよく言ってます。隙間産業って言い方だけだと、経済的な原則に則ったら、やったもん勝ちみたいな、割と普通にいい意味じゃないですか。隙間だったものがだんだんメジャーになっていく。けど、そこからさらにこぼれ落ちるのは、隙間産業の廃棄物。誰も気づかないし、やってもしょうがないものを救い上げて、メイン・カルチャーや経済的な原則になんとなく日和った奴らの目を覚まさせようっていうコンセプトです。そういうものがおもしろいよねっていうのを3人で共有してました。Dos Monosの名前の由来は没に「ラップ・グループを始めたいけど、名前は何がいいだろう?」って相談した時に、没が当時スペイン語圏のカルチャーにハマっていて。スペイン語のDos Monosって響きがすごい良くて、僕もすごくいいと思ったので即決しました。普通の訳し方では2匹の猿。スペイン語でDosが2、Monosが猿で。でも裏テーマとしては、“猿2.0”であるというのがあって。猿の進化系が人間だというダーウィンの説は間違っていたことが今では明らかになっているんだけど、その上で敢えて“猿2.0”を自称することで、人間に似て非なるものっていう意味を後付けし、さらに、そういう過去の遺物を創造的に読み替えて再提示する身振り自体がDos Monosの音楽にも通じるなって思っています。

TAITAN MAN――それをコンセプトに掲げる僕らが、最後にNEO HUMAN(ネオ・ヒューマン)っていう高次元に上がる感じで閉じたらいいなって思い、アルバムの最後の曲「ドスシティ」では「NEO HUMAN! このエンドロールは終わりを告げながら一歩先のネオンを照らす」っていうリリックを入れました。

荘子it:NEO HUMANはTAITAN MANの思いつきで。トラックは僕が作って、こういうコンセプトにしようって大枠は伝えるんですけど、あくまで3人それぞれのバースは自由に作るんです。このリリックがあったから、じゃあ、そのエンドロールで終わらせてあげようって思って。ブックレットを見れば分かるのですが、ネオンのNEO HUMANのアートワークを僕が作って、それがエンディングになってます。思いつきをピックして、あとでコンテキストに回収してますね。録音された即興演奏を編集で作品に練り上げるやり方に近い。歌詞カードには散々、人の体に猿の顔とかコラージュして、人に似て人にあらざるっていうことをやっていて。ドスシティの住人たちのあるべき姿がNEO HUMAN。まあ、どうでもいいことなんですけどね(笑)。

Dos Monosのデビュー・アルバム『Dos City』をぜひ聴いてもらいたい。また、AWAではDos Monosの3人それぞれが10曲ずつをセレクトしたプレイリスト『ドスシティの住人』が公開中だ。このプレイリストは3人それぞれの形成している楽曲を選び、一言コメント付き。アルバム『Dos City』と合わせて、チェックしてもらいたい。

Dos Monos’s playlist 『ドスシティの住人』

Selected by 荘子it 「劇場Dへのもう一つのDメロ」

01. Das EFX「Mic Checka」
02. Aesop Rock「Daylight」
03. Eric B. & Rakim「Don’t Sweat the Technique」
04. Tyler, The Creator featuring Domo Genesis and Earl Sweatshirt「Rusty」
05. Janne Da ArcDOLLS
06. Dean「Put My Hands On You feat. Anderson .Paak」
07. DATS「Filter
08. Deep Purple「Smoke On the Water」
09. 菊地成孔DCPRG「構造 1 (現代呪術の構造)」
10. Dos Monos「劇場D」

Selected by TAITAN MAN 「Be Twisted.」

11. SIMI LAB「Twisted」
12. LowPass「Mirror Mirror」
13. skillkills「Chewing Gum」
14. Battles「Atlas」
15. Hella「Biblical Violence」
16. Odd Future「Oldie」
17. プライマス「Wynona’s Big Brown Beaver
18. Little Simz「Offence」
19. Red Hot Chili Peppers「Suck My Kiss」
20. Dos Monos「バッカス」

Selected by 没 「酔っぱらいが夜道で歌っていたのが耳から離れない!」

21. Sonny Sharrock「Black Woman」
22. Aphex Twin「Milk Man」
23. 山仁「Don’t Worry feat. LOOP JUNKTION」
24. Giuseppi Logan「Love Me Tonight」
25. Albert Ayler「Truth Is Marching In」
26. Biz Markie「Just a Friend」
27. ウルトラQ サウンドトラック「ウルトラQメインテーマ」
28. Animal Collective「Essplode」
29. Big Star「Kanga Roo」
30. Dos Monos「EPH」
Text:Toru Miyamoto


【リリース情報】

Dos Monos 『Dos City』

Release Date:2019.3.20 (Wed.)
Label:Dos Monos / bpm tokyo / DEATHBOMB ARC
Tracklist:
01. ドストロ
02. 劇場 D
03. in 20XX
04. Clean Ya Nerves
05. ドス大名
06. バッカス
07. マフィン
08. ドスゲーム
09. EPH
10. アガルタ
11. スキゾインディアン
12. 生前退位
13. ドスシティ

Artwork:荘子it

■Dos Monos: Twitter(https://twitter.com/dosmonostres)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着