フレディ・マーキュリーの妹「映画が
作られると聞いて嬉しかった」

フレディ・マーキュリーの妹カシミラさんが英国の新聞『The Times』の取材に応え、世界中で大ヒットしたクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』について、「彼らが映画を作るつもりだと知り、嬉しかった。私にとってはとても感情的なものだったけど、趣味よく作られていたと思う」と話した。
映画では、フレディと家族の関係について多くは触れられていないが、カシミラさんは「兄との思い出は自分の中で生き続けてる」と、こんな逸話を語った。「一緒にいるときはいつも最高の時間を過ごしてた。彼の家へ行くと、彼のシェフが素晴らしい食事を用意してくれたり、彼のお気に入りのインド・レストランへ行くこともあった。でもいつも、シャンパンで始まったわ」

また『Express』紙によると、フレディは、死後の収入は50%を生涯の友、メアリー・オースティンへ、25%を両親、25%を妹に渡るよう手配していたそうで、『ボヘミアン・ラプソディ』により、カシミラさんは2,000万ポンド(約29億円)を受け取ることになるだろうと伝えている。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。