Shlomi Aber&Electric Indigo、ダブ
ルヘッドライナーで渋谷VISIONに降臨

イスラエルの最重要人物 & アヴァンギャルドな電子音楽界の草分け的存在、Shlomi Aberが来日する。

Cocoon RecordingsやBpitch Control、Drumcodeなどからリリースを重ね、DJ/プロデューサーとして高い評価を受けるShlomi Aber。ダンスミュージック界における最高の名誉「DJ Award」にも度々ノミネートされている。彼が主宰するBe As OneImprintも、イスラエルの最重要レーベルだ。Aber自身もそこから作品をリリースするが、2018年はより象徴的な年であった。

Shlomi Aber名義の3枚目のフルアルバム『Linear Equations』=「一次方程式」と名付けられた本作は、まさにシーンの基盤となるような1枚に仕上がっている。様々なレーベルからリリースを重ねてゆくうちに、彼のトラックはどんどん洗練されていったが、本作はその集大成と言ってよい。ベン・クロックのように荘厳な世界観を持っていながら、レン・ファキのようにダークで力強い。それはもちろん、彼のDJにも反映されている。独特な間の取り方に美学を感じるし、ミニマルな構成で熱量を上げてゆく様は、ドイツの巨人たちにも引けを取らない。

また、今回はダブルヘッドライナーとしてもう1人、Electric Indigoも<ALIVE>に登場する。オーストリア出身の彼女は、90年代初頭にベルリンのテクノシーンに耽溺して以降、垣根を超えた活躍を続けている。<ArsElectronica>や<MUTEK>など、デジタルアートの文脈でも評価が非常に高い。2012年には、オーストリアの芸術文化省よりコンピューター・ミュージック部門でアーティスト優秀賞(Outstanding ArtistAward)が贈呈された。昨年は<MUTEK Japan>にも出演し、彼女の姿が記憶に新しいオーディエンスも多いだろう。その時披露されたオーディオヴィジュアル・ライブパフォーマンス、「511593」の完成度は圧巻であった。

4チャンネルで繰り広げられるアンビエント・テクノの世界観は、猛者ぞろいの同イベントにおいても著しい存在感を放っていた。今回は、彼女のルーツであるテクノセットを展開する。25年以上もシーンに君臨し続ける、文字通り草分け的存在のDJを是非その目でご覧いただきたい。

<ALIVE feat. SHLOMI ABER & Electri
c Indigo>

2019年4月19日(金)
渋谷 SOUND MUSEUM VISION
OPEN 22:00 / GENRE: Techno
BEFORE 24:00 ¥2000 /UNDER 23 ¥1,000DOOR ¥3,500 / W/F ¥3500MEMBERS ¥2,000 / ADVANCE ¥2,000

前売り情報
iFLYER https://iflyer.tv/event/312574/
ZAIKO https://vision-tokyo.zaiko.io/_buy/1jjw:Rx:5f2e9
RA https://jp.residentadvisor.net/events/1232851

FB discount ¥3,000 (1D)
https://www.facebook.com/events/554749528268710/
[ FACE BOOKイベント参加 ] で¥500 OFF ディスカウント実施中!
参加ボタンでディスカウントゲスト登録完了です。
※当日エントランスにて参加画面をご提示ください。

SPECIAL GUESTDJs: SHLOMI ABER & Electric Indigo
LIVE: A.Mochi
DJs:
DJ SODEYAMA
DO SHOCK BOOZE

DEEP SPACE
H.I.D(HIDEO KOBAYASHI)
LYOMA (abend kollektiv)
KOJIRO (Re:birth Festival / Hypnodisk)
DJ G. (The Sharing / On-jin)
ACCENT a.k.a. ERIMIYA

WHITE
DJ NONAKA
Brenna Ryan
Hiroshi Sato
K.Y.Y.K.(KDZ/dtpt records)
kow
3LCH.
kojikoji(demian)
Ryota + 76
rents

D-LOUNGE
AMET
BOBBY
BRYAN&BEAT INTEGRA
KEN1
FUMIX
Kanzawa Chika
I-LY
MOMO.
tatsuya watanabe
BROWN ACID
PONKICHI
YOU MUST BE OVER 20
本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」