カミラ・カベロ、新『シンデレラ』映
画で主演

カミラ・カベロが、新たに制作されるシンデレラの映画で主役に抜擢されたそうだ。カミラの銀幕デビュー作となる。
『Variety』や『Hollywood Reporter』が伝えるところによると、映画はSony Picturesが制作し、車の中でトーク&歌を繰り広げる『Carpool Karaoke』が人気の英国人のコメディアン、ジェイムス・コーデンがプロデュースし、『ブロッカーズ』(2018年)のケイ・キャノンが監督するという。

映画はミュージカルの要素が強く、カミラは音楽も手掛けるそうだ。現代が舞台との噂もある。

現時点でカミラ以外のキャスト、公開日等の詳細は明かされておらず、カミラからもコメントはなされていないが、Sony(USA)は火曜日(4月9日)、ブルーのドレスを着たカミラの写真を投稿し「ガラスの靴とドレスをつかんで (@Camila_Cabello)」とつぶやいた。
カミラは、今月初めにリリースされたスペインのシンガー・ソングライター、アレハンドロ・サンスのニュー・アルバム『#ElDisco』にゲスト参加。先月終わり、2人のコラボ「Mi Persona Favorita」がシングル・カットされた。
Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。