ファー・イースト・ムーヴメント主宰
、トラップ〜フューチャーベース〜ベ
ースハウスのレーベル”BredNButter
”特集

“Like A G6”や“Live My Life”をはじめ数多くのヒット曲を生み出してきたアジア系ヒップホップの雄ファー・イースト・ムーヴメント。
そして、人気YouTubeチャンネル&レーベル“Trap City”によるコラボレーベル“BredNButter”。
2016年の設立以来、トラップをルーツに最近ではフューチャーベースやベースハウスまで幅広く展開し、カッティングエッジなサウンドを続々と発表。
世界中のダンスミュージックファンを虜にしている本レーベルから最新にして総集編的なコンピレーションアルバム「Best of BredNButter」が3枚同時にリリースされました♪
世界初のCD化となる本作にはとにかく刺激的な収録曲が盛りだくさん。
その中から、今回はEDM MAXX編集部が特にオススメの楽曲をピックアップ。
今後要注目のアーティストばかりなのでぜひチェックしてみてください!
Riot Ten – Missing You (Feat. blvkkhvrt.)
トラップ〜ベース〜ダブステップ系を軸にTrap Cityはもちろん、スティーヴ・アオキのDIM MAKなどからもリリースする米出身の注目株ライオット・テン。
昨年は待望の初来日を果たし大盛況。ハードな楽曲が多いなか、これはメロウなフューチャーベース。なんとも懐の深いこと!
Riot Ten – Strapped
今回のアルバムにはライオット・テンの楽曲が2曲収録。こちらは“Missing You”よりもヘヴィーな“Strapped”。時折見せる狂気とユーモアが最高です。
そういえば……彼はかつてディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクとマーティン・ギャリックスの“Tremor”の超メタルリミックスで話題になりましたね。
Crankdat & Havok Roth (feat. TITUS) – Stoopid Rich
現在弱冠22歳ながら、ハードなものからキッチュなものまで生み出す幅広い音楽性は将来性十分! 各所から注目を集めているクランクダットがHavok Rothとコラボしたハードでヘヴィーなトラップチューン。
なお、オリジナル以外にもPrismo、Kompanyなどのリミックスも収録されているので、ぜひ聴き比べしてみては?
Jo Cohen & King – Born To Be A King
Jo Cohen & Kingは、「Best of BredNButter01」にこの“Born To Be A King”の他にもう1曲、“The One (Ft. ADI)”も収録。
どちらもほどよく哀愁漂うフューチャーベースで、ブレイクもしっかりしているのでフロアでの機能性も充分です。
Far East Movement & T-Mass – Surrounded (ft. JVZEL)
今作には”BredNButter”を主宰するファー・イースト・ムーヴメントの楽曲ももちろん収録。ただ、“Like A G6”や“Turn Up The Love”を想像していると……。
ヒップホップだけでなく、ベースミュージックシーンでも活躍する彼らだけに、この曲もとてもドラマティックでベーシーなサウンドに。彼らは2016年にはマシュメロともコラボしていましたね。
Arman Cekin & Larcy – Blood Moon
ダンス大国オランダ出身、”Trap City”から数多くのリリースを重ね、2017年には“California Dreaming”で大御所スヌープ・ドッグともコラボしているArman Cekin。
彼の持ち味と言えば、メロディックなサウンド感。この曲でもそれが十分に発揮されています。
ARMNHMR – Fallen (ft. Desiree Dawson)
ザ・チェインスモーカーズも大注目! 名曲“Closer”や“Inside Out”の公式リミックスを手掛け(本人たちもプレイ!)、度々共演している米出身のデュオARMNHMR。
ザ・チェインスモーカーズの他にもマシュメロやイレニアムもサポートする彼らの代表曲のひとつ“Fallen”は、フェスなどで聴きたいポップなフューチャーベース。
ARMNHMR & YDG – NEED YOU (Maliboux Remix)
注目度の高いARMNHMRの楽曲は今作に数多く収録されています。前述の“Fallen”に加え、そのリミックス、そして“NEED YOU”のリミックスも2バージョン収録。
なかでも、みんな大好きゼッドの“The Middle”の公式リミックスを手掛けたMalibouxのリミックスは必聴です。
Rawtek & Holly – Lazy Dog
ディプロの”Mad Decent”やイエロー・クロウの”Barong Family”、スティーヴ・アオキの”Dim Mak”など名だたる名門からもリリースするRawtek。
米出身の彼らは、日本人アーティストMasayoshi IimoriともコラボしてMad Decentから“Mango Beat”をリリースしていますね。この曲もトライバル&ジャングルなサウンドを得意とする彼らのエッセンスたっぷりです。
Yultron – If Me And Jauz Had A Mutant Baby
今年5月に開催する「EDC JAPAN」にジェイ・パークとともに出演することが決定しているYultronの楽曲をチェック!
彼はケイゾーやオーケーらと活動を共にし、ガマーともコラボ。スクリレックスもその才能を高く評価する今後注目のアーティストの1人です。そんなYultronが2015年に発表したこの曲は、破壊力抜群のハードチューン!
V.A.
Best of BredNButter01 compiled by Trap City
avex EDM
Amazon
V.A.
Best of BredNButter02 compiled by Trap City
avex EDM
Amazon
V.A.
Best of BredNButter “Workout Playlist” compiled by Trap City
avex EDM
Amazon
Text by EDM MAXX編集部

EDM MAXX

EDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」。音楽、ファッション、カルチャー、ライフスタイルとして、“EDM”を誰でも分かりやすく、おもしろく情報発信します。 #edmmaxx

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」