【インタビュー】バンドじゃないもん
!MAXX NAKAYOSHI 「アイドルらしく
ないアルバムになった!」 自由、楽
しさ、カッコよさが限界突破!!

それぞれが好きなことを極めた存在として、メンバーひとりひとりが自由な発想で、伝えたいことを伝えるために、“バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI”に改名した彼女たち。新たな一歩を歩みだした“バンもん!”が、決意表明のようにリリースするニューアルバム『NO LIMIT』は、タイトル通り、今までの限界を超えた、サウンド的にもかなり攻めた内容になっている。「かなりこだわった」今作について、恋汐りんご、ななせぐみ、望月みゆの3人に話を聞いた。

■望月の〇〇に注目!ブックレットに載っているあるパーツとは?
――TOTALFATthe telephonesNONA REEVESなどの豪華クリエイターを迎えた今作は、かなりロックでカッコいい仕上がりで驚きました。
望月 ありがとうございます!私たち自身も、アイドルらしくないアルバムになったなと感じています(笑)。今回は、私たちが歌いたい曲をイメージしてから、作家さんをピックアップし、お願いしていったので、メンバーがしっかりと制作に携わっているんです。中でも(甘夏)ゆずともも(大桃子のサンライズ)は、最初からNONA REEVESの西寺郷太さんにお願いしたいという夢が叶って最高に素敵な曲ができたので、すごく喜んでいました。みゆはお願いしていないけど、実際に上がってきた「天国とブギー・ジャム」はめちゃくちゃカッコよくて、最高に嬉しかったですね。
恋汐 この曲はまだ配信されていないんだよね。
望月 そう!だからまだ私たちしか知らない曲なので、早くみんなに聴いてもらいたいんですよ。
恋汐 私が聴いてもらいたいのは1曲目の「BKYR」です。途中に、みーちゃん(鈴姫みさこ)の「ばかやろ~!」という声が入っているんですけど、この言葉はこの曲のために収録したものではなく、東京・中野サンプラザの公演中に急に発せられた言葉なんですよ。みーちゃんは、リーダーだし、みーちゃんがいたからこそ、こうやってグループができて、ライヴができているのに、“私は本当に必要な存在なのだろうか”ってすごく悩んでいたんです。でも、いざライヴでお客さんの表情を見たときに、そんなことで悩んでいた自分がバカだったことに気付いたと言っていました。自分自身と、みんなの弱い気持ちを払拭するように発した言葉だったんですよね。その言葉を含んだ曲がこのアルバムの1曲目になること自体、すごく素敵だなと思ったんです。さらに、この曲から2曲目の「SUMOU」に繋がるのですが、両方ともゆよゆっぺさんが提供してくださった楽曲なので、ものすごくいい流れになっているんです。
ななせ 順番通りに聴いてみてほしいよね!
恋汐 そう!曲間もしっかりと考えて作られているので、じっくりと1枚通して、順番に聴いてもらえたら嬉しいです。
ななせ 私が注目してもらいたいのがアートワークです。バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIになってから初めてのアルバムだからこそ、曲はもちろん、アートワークまでしっかりと自分たちで考えることにしたんです。
――ここで改めてセルフプロデュースの在り方を考え直したんですね。
ななせ はい。ちゃんと自分たちの名前がついて売るものだからこそ、アートワークにももっとこだわりたいよねって。なのでブックレットなど何度も何度も確認し、理想の形に作り上げていきました。見てもらうとわかるのですが、アイドルのCDなのに、顔の写真がひとつも使われていないんですよ。
望月 裏面にもないんです。
ななせ 私たちが写っていても、写っていなくてもどちらでも良いものができれば良かったのですが、私たちが写っていることでアイドルのCDだ!と感じる人も多いかなと考え、偏見を持たずにたくさんの方に聴いてほしいということもあって今回はこうなりました!ブックレットには、私たちのパーツがちょっとずつ載っているんです。あれ、みゆちぃは“あご”だっけ?
望月 誰があごだ!(笑)、あごじゃなくて目!(笑)。
一同 あはは。
■無限にやりすぎちゃう!?3人にとって“NO LIMITなもの”に迫る!
――さて、初回盤には「さけっぱらだい酒☆」「イミ・ナイ・ダンス」のMUSIC VIDEOも収録されるんですね。
望月 はい。「イミ・ナイ・ダンス」のストーリーは、私たちの首元にバーコードが貼られていて、足かせがされているんです。そこに怪しい人たちが来て、私たちは好きなものを着飾らされて、品定めされているんですよ。でも、ふとした瞬間に、リーダー(鈴姫みさこ)の足かせが外れていることに気付き、最終的に全員で復讐を始めるんです。そこで感じる“自由とは”というメッセージがあると思うので、ぜひ受け取ってもらいたいな。
ななせ いろいろあるけど、楽しかったらいいじゃんという本質を忘れないでほしいという想いが込めていて。“意味ないダンス”って言っているけど、意味はあるよ。
――このアルバムを引っ提げたツアーも始まりますね。
恋汐 実は、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIになってパフォーマンスが変わって。ドラムがステージの前の方に来て、その後ろにほかのメンバーがいて自由に歌ったり演奏したりしているんですよ!
ななせ 楽器もワイヤレスになったので、みんなが解き放たれるし、今まで以上に盛り上がると思います。一緒にライヴで楽しんでもらえたら嬉しいです!
――最後に、タイトルにひっかけて、みなさんにとって“NO LIMITなもの”を教えてください。
ななせ 食欲!食べても、また食べたくなっちゃうんです。もちろん、我慢していますけどね。
望月 私はウーロンハイ!無限に飲めます(笑)。
恋汐 私は無限にやりすぎなくらい飾りつけをしちゃうんです。
ななせ かわいいがNO LIMITだ!
恋汐 お〜!そうだ!私にとってのNO LIMITは“かわいい”です!(笑)。
文/吉田可奈

ランキングBOX

“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着