Tsubasa Shimada(PRIZMAX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PRIZMAX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PRIZMAX)
presents『Wet Crate』
- 第34回 細野晴臣 -

PRIZMAXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

こんにちは。島田翼です。
4月。PRIZMAXのニューアルバムの発売も間近ですね。皆さんの手元に届くのが本当に楽しみです。
出会いと別れ、新生活のシーズンですね。我々も新体制になって初のフィジカルリリースとなるので似たようなものです。
プリズマックスは歴史のあるグループです。ストリートライブをしていた頃、僕は小学校3年生でした。
メンバーも入れ替わりしながらデビューを迎え、7周年目に突入。
「保守と革新」という対立する言葉がありますが、保守に徹してきた今までは、正直自分たちの思い描く結果を出すことができませんでした。これからの僕らは革新へと向かっていきます。
これは本当に勇気のいることです。これまでの味方が敵になることだってあるし、自分たちの芯の強さがこれまで以上に試されます。

そんなタイミングでリリースされたこの『HOCHONO HOUSE』。1973年にリリースされた『HOSONO HOUSE』を現代風に再解釈、再構築したアルバムです。
細野晴臣さんとは、はっぴぃえんどのベーシストやジャパニーズ・テクノポップで一世風靡したYMOことYellow Magic Orchestraのメンバーとして、そしてソロではご自身が歌われることはもちろん、作曲家、編曲家、ベーシストなど、多数の肩書き、多様な音楽性で日本の音楽を支えてきた方です。

『HOCHONO HOUSE』は、そんな細野さんでしか成し得ない世界観で、ご自身の40年以上前の作品をオリジナルを踏襲しながらリメイクしています。この絶妙なバランス感は本当に美しいです。
「自身の作品を再構築する」ということはリスナーの期待値もさらに増しますし、それを超えてゆく覚悟や勇気も大きいものであったと想像します。

言葉にすると何とも稚拙な表現ですが、2019年の作品としてリアルタイムに聴いても素晴らしい作品です。現代シティ・ポップの最高峰だと思います。

我々PRIZMAXも守るものと変化するものを僕ら自身が確かな芯で舵を切ります。
今まで積み重ねてきた経験や表現者としての気持ちをアップデートし、皆さんに新たな世界をお見せすることを約束します。
Tsubasa Shimada(PRIZMAX) プロフィール

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。現在はダンス&ヴォーカルユニット、PRIZMAXのパフォーマーとしてステージに立つかたわら、DJや写真などのカルチャーに没頭する。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。PRIZMAX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着