10-FEET

10-FEET

10-FEET、自身最大の野外ワンマン
『野外ワンマンライブ in 稲佐山』の
フューチャリングゲストを発表

10-FEETが5月19日に長崎市稲佐山公園野外ステージにて開催するバンド史上最大級の野外ワンマンライブ『10-FEET野外ワンマンライブ2019 in 稲佐山』のフューチャリングゲスト4組が発表された。

バンド史上最大級のワンマンライブを行なうのが京都でも東京でもなく、なぜ長崎なのか!? その想いをメンバーが語り尽くしたスペシャル番組『Road To INASAYAMA』がYouTubeにて公開中だ。そして、その中でfeaturing guestとして東京スカパラダイスオーケストラからNARGO(Trumpet), 北原雅彦(Trombone), GAMO(Tenor sax) 、谷中敦(Baritone sax) 、そしてDragon AshからKj、MAN WITH A MISSIONからTokyo Tanaka、Jean-Ken Johnny、ROTTENGRAFFTY からNOBUYAとN∀OKIの4組が参加することが発表された。

10-FEETが2001年に初めて出演した野外ロックフェス、そして2006年に初めてトリを務めた野外ロックフェスである、FM長崎が主催する『Sky Jamboree』の開催地である長崎市稲佐山公園。その10-FEETにとって特別な想いと感謝がある場所にて、コラボレーション・アルバム『6-feat』や『6-feat 2』、そして京都大作戦でも数々のコラボを果たしてきた盟友たちも集うこととなる。

なお、九州各地から発着するツアーバスと長崎駅付近と会場を結ぶシャトルバスの運行が発表されていたが、その詳細と申し込みページのURLも明らかになった。チケットは3月23日(土)10:00より発売となる。また、4月6日(土)AM10:00より、公演チケットの一般発売が開始となる。

『10-FEET Road To INASAYAMA』

『10-FEET野外ワンマンライブ2019 in 稲佐山』

5月19日(日) 稲佐山公園野外ステージ(長崎市)
開場/開演/終演:15:30/17:00/19:30予定

■九州各地発着ツアーバス
3月23日(土)10:00〜発売。
・申し込みページ :3月23日(土)10:00よりアクセス可
https://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?TourNo=556cea7e84d948f1a77d0820
■シャトルバス
発着場所:JR長崎駅東口旧大村ボート
所要時間:片道約30分
往路運行時間:11:00〜17:00
復路運行時間:終演後(19:30)〜
料金(全て税込)
前売り:片道 ¥600 / 往復 ¥1,000
当日:片道 ¥1,000 ※当日券は片道のみ。
・申し込みページ :3月23日(土)10:00よりアクセス可
https://l-tike.com/10feet_nagasaki_bus

10-FEET
NARGO  from 東京スカパラダイスオーケストラ
北原雅彦 from 東京スカパラダイスオーケストラ
GAMO  from 東京スカパラダイスオーケストラ
谷中敦  from 東京スカパラダイスオーケストラ
Kj from Dragon Ash
Jean-Ken Johnny from MAN WITH A MISSION
Tokyo Tanaka from MAN WITH A MISSION
N∀OKI from ROTTENGRAFFTY
NOBUYA from ROTTENGRAFFTY

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着