オールタイムシングルBOX『HIDEKI UNFORGETTABLE』

オールタイムシングルBOX『HIDEKI UNFORGETTABLE』

西城秀樹、
初のオールタイムシングルBOX
『HIDEKI UNFORGETTABLE』発売決定

西城秀樹が2018年5月にこの世を去ってから1年。デビュー以降、46年に渡り発表してきた全てのシングル曲を収録した初のオールタイムシングルBOX『HIDEKI UNFORGETTABLE』が、5月16日に発売されることとなった。

デビュー以降、46年に渡って発表してきたシングルは87曲。今までも数多くのベスト盤が発売されてきたが、レコード会社の枠を超えた全てのシングル曲が収録されるのは初。5枚のCDにはボーナストラックとして、盟友野口五郎作曲の名曲「LOVE SONGは永遠に」、「LOLA~傷らだけのローラ(フランス語バージョン)の他、初商品化となる「遠き恋人の君」等の5曲を各ディスクに収録。音源はマドンナやチャカ・カーン、YMOや宇多田ヒカルのアルバムミックスを手掛けたGOH HOTODA氏がリマスタリングし、高品質規格Blu-spec CD2にて収蔵される。

DVDは初商品化となるЯK(河村隆一氏)が作曲・プロデュースし制作された「Jasmin」、つんく♂プロデュースによる「粗大ゴミじゃねぇ」、2015年の還暦を機に発売されたアルバム『心響-KODOU-』に唯一の新曲として収録された西城秀樹・最新にして最後の楽曲「蜃気楼」を含むMV集となっている。

また、「明星」等の取材時のロケで様々な事にチャレンジしてきた秀樹の写真や、レコード会社に保管されていた未発表写真を含む100点以上を収蔵したA4版96ページに及ぶ見応え充分な写真集に加え、「秀樹は、真の“ロッカー"だった。故に、純粋なパッションを湧きたて、その奥深くにファンを呑み込んでいった」と評する、音楽評論家・伊藤政則氏によるライナーノーツ、ジャケット、歌詞を収蔵した歌詞解説本の2冊を同梱。豪華オリジナルボックス仕様の完全生産限定盤として発売される。

タイトル『HIDEKI UNFORGETTABLE』(『秀樹を忘れない』『永遠の秀樹』)が表すように、西城秀樹が日本の音楽界に残してきた数々の名曲が詰め込まれた「永久保存版」と言えるBOXとなっている。 今作は3月21日より各CDショップ、各ECサイトにて予約が開始される。

以下は西城秀樹夫人、木本美紀さんのコメント

「早いものでもうすぐ10ヶ月が経ちます。皆様には変わらぬ温かいご支援を受け賜りまして心より感謝申し上げます。秀樹さんのこれまでの功績の集大成として、この度、コンプリート集をレコード会社、秀樹さんに関わっていただいたスタッフの皆さんにより作って頂くことになりました。皆様が喜んでくださること、そして天国の秀樹さんも間違いなく喜んでいると確信しております。また、秀樹さんの曲、懐かしい写真が沢山載っている写真集も通して、皆様に秀樹さんを偲んで頂けましたら幸いです。
2019年3月 木本 美紀」
オールタイムシングルBOX『HIDEKI UNFORGETTABLE』2019年5月16日発売
    • MHCL 30593~30599/¥15,000+税
    • ※CD5枚、DVD1枚、計6枚組
    • ※最新デジタルリマスタリング、Blu-spec CD2仕様
    • ※株式会社集英社明星等で撮影された西城秀樹の写真集、歌詞解説本付属
    • ※豪華オリジナルボックス仕様、完全生産限定盤
オールタイムシングルBOX『HIDEKI UNFORGETTABLE』
西城秀樹
西城秀樹
西城秀樹
西城秀樹
西城秀樹
西城秀樹

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」