3月9日@渋谷Studio Freedom

3月9日@渋谷Studio Freedom

上月せれな、
アイドルフェス開催日に行なった
ワンマンライブが大成功

3月9日、渋谷では大規模な都市型アイドルサーキットライブが行なわれていた。出演数は優に100組を超える中、ソロアイドルである上月せれなが同じ渋谷エリアにてワンマンライブ『FES vs ONE』を決行。今回の会場は、フェス会場からもほど近い渋谷Studio Freedom。フェスとの勝負!ということで集客の心配もあったと思われるが、会場は満杯となり、上月せれなへの想いであふれていた。

『FES vs ONE』の幕開けはライブアンセムでもある「君と僕を繋ぐ歌」から。初っ端から会場がひとつになり、すでにワンマンの成功が見えた気になってしまう。MCなしで10曲を連続投下し、「最強メロディー2」や「Shake the DiCE」、そして「nerve(BiS カバー)」を披露。相変わらずのライブに対する全力パワー感にファンも引き込まれていくようだ。

一旦ステージをはけ、この日初披露の新衣装を身にまとい再び登場。ここからがまたすごかった。「天地無用」「星の数だけありがとう」などのオリジナルはもちろん、「ロマンティック浮かれモード (藤本美貴 カバー)」「LOVE YOU ONLY(TOKIO カバー) 」「細胞プロミネンス(伊藤美来 カバー) 」「Butter-Fly(和田光司 カバー)」を投入。自身の持ち歌のごとく歌い上げ、2019年で20歳を迎えるとは思えない“プロシンガー”の実力を見せた。本編最後は新曲「Against the Storm」で、ぜひとも音源化を期待したい一曲であった。

アンコールでは「Higher & Higher」「VISION.」を披露。全26曲・約120分に及ぶフェスとの戦いは“上月せれなの勝利!!”と多くの来場者が感じたはずだ。上月せれなはデビュー5周年企画として2月〜5月まで月イチでスペシャル企画を開催しており、続くマンスリー企画は4月21日(日)に地元長野にて行なわれる凱旋ワンマンライブ『OVER the MOON』。そして、まだ詳細が発表されていないが5月へと続くので、引き続きオフィシャルツイッター、ブログ、ホームページをチェックしてほしい。

【上月せれな コメント】

「2月から5月まで毎月、月イチでSPECIAL企画があることを幸せに思います。今回のタイトルは『FES vs ONE』でしたが、私は決してひとりではなくて、たくさんのファンの方や、関係者の方に支えられているんだと強く感じました。ずっと笑顔の絶えない最高のワンマンライブだったと思います! フロアーの熱気と汗が過去最強で、私も酸欠になりました(笑)。来月は私の地元長野県での凱旋ワンマンライブになります。皆さん一緒に楽しい空間を作り上げましょう!」

『地元長野凱旋7thワンマンライブ『OVER the MOON』』

4月21日(日) 長野・CLUB JUNK BOX
チケット料金:無料!(1ドリンク代別)
◎会場にて“ヤッターマン×上月せれな”コラボTシャツ限定発売!

3月9日@渋谷Studio Freedom
3月9日@渋谷Studio Freedom
3月9日@渋谷Studio Freedom
3月9日@渋谷Studio Freedom
3月9日@渋谷Studio Freedom
3月9日@渋谷Studio Freedom
地元長野凱旋7thワンマンライブ『OVER the MOON』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着