Municon Vol.2

Municon Vol.2

MONSTA Xら、K-POPアイドルを指導し
た実力派シンガーが日本上陸

韓国の実力派シンガーを日本、そして世界に発信していくプロジェクト『Municon』。その第2弾となるコンピ盤『Municon Vol. 2』が1月22日にリリースされ、アルバム参加メンバーの一部が来日し無料ミニライブを開催した。

韓国の実力派シンガーを日本、そして世界に発信していくプロジェクト『Municon』。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
その第2弾となるコンピ盤『Municon Vol. 2』が1月22日にリリースされた。本作は韓国語盤と日本語盤の2枚組仕様で、韓国で活躍するアーティストたちが10組参加している。
1週間連続で無料ライブを敢行、『Municon』魅力を布教そして『Municon』をプロモーションするため、アルバム参加メンバーの一部が来日し、関東圏のショッピングモールを中心に1月21日~27日まで1週間連続で無料ミニライブを開催した。
初日となった1月21日は埼玉・アリオ川口センターコートでREADER、ジュ・テゴン、イ・イェジュン、ケイ・Gがミニライブを行った。
この日は平日のお昼ということもあって、日韓の有名曲とオリジナル曲も歌唱。トップバッターのラップデュオ・READERはGD X TAEYANGの『GOOD BOY』をキレのある振り付けとともに披露した。
すると、あまりの迫力に老若男女が思わず足を止める。続いて登場したジュ・テゴンは中島美嘉の『雪の華』を歌う。韓国語の歌詞に込められた感情を、丁寧に、かつ彼なりの解釈で表現した。
ちなみにジュ・テゴンは韓国でもトップクラスのバラードシンガーで、K-POPアイドルのMONSTER Xらに歌唱指導もした超の付く実力派。彼の歌声でさらに多くの人たちが集まり始めた。
続くケイ・Gは韓国でも人気があるサザンオールスターズの名曲『TSUNAMI』、イ・イェジュンは映画『君の名は。』でおなじみRADWIMPSの『なんでもないや』を繊細かつ大胆に歌う。
また彼らは、『Municon Vol. 2』の収録曲『私たち(Feat. ZELO of B.A.P)』(イ・イェジュン)、『サファリ』(READER & ジュ・テゴン)、『No Limit』(ジュ・テゴン & READER)も歌って作品をPRした。
2月21日のライブは超豪華!
2月21日のライブは超豪華! イ・スンファンのバンドが演奏この日のライブについてイ・イェジュンは「年配の方も多くて、ちょっとお父さんに歌ってるような気分になっちゃった」と笑う。
昨年も『Municon』のミニライブを行っているREADERは「前は一人もお客さんがいないステージで歌ったけど、今日は前回観に来てくれた方がまた来てくれててすごく嬉しかった」と手応えを感じたという。
また2月21日(木)には、これまで『Municon』に参加した全アーティスト20組が出演するライブ『Municon Festival 2019~The Begining~』が東京・豊洲PITにて開催される。
人気アイドルグループB.A.Pからソロアーティストとして新たに活動するZELOが、自身の新曲を今回のイベントで初めて披露するとサプライズ発表して話題になっている。
今回プロモーション来日したケイ・Gは、「韓国でも『Municon Festival』を開催するんですが、演奏を担当してくれるのが韓国を代表する「イ・スンファンさんのバンド」なんですよ。
韓国でもっとも演奏クオリティが高いと言っても過言ではない人たちなので、今からライブを楽しみにしています。もちろん日本も同じ編成なので、期待して待っていてほしいです」と話した。
さらにイ・イェジュンも「ライブの最後には出演者全員で合唱するんですよ。みんな本当に実力のある歌手が揃っているので、どんなことになるのか想像もつかない」と期待に胸を膨らませた。
ライブ当日は、全員で合唱した後にカーテンコール・フォトタイムを行うほか、当日会場で『Municon Vol. 1』又は『Municon Vol. 2』のCDを購入した方には、好きなアーティスト1名のサインがプレゼントされるという。この機会にぜひ、韓国の歌うまの生の声を堪能していただきたい。
※写真はたまプラーザテラスで行われた時のものです。

ウレぴあ総研