『熱海殺人事件 LAST GENERATION 46
』製作発表~今泉佑唯、佐藤友祐を迎
えた新生“熱海”に味方良介「つかこ
うへいの遺志を受け継ぐ1ピースに」

劇作家つかこうへいの代表作『熱海殺人事件』が『熱海殺人事件 LAST GENERATION 46​』 として、2019年3月に大阪、4月に東京にて上演される。本作の製作発表会見が2月14日(木)都内にて行われ、味方良介、今泉佑唯、佐藤友祐(lol-エルオーエル-)、石田明(NON STYLE)が出席した。
主人公の木村伝兵衛刑事が熱海で起きた殺人を大事件に仕立てようとする本作は、これまでにも様々なキャストによって幾度となく上演されてきた。
会見冒頭では作品世界とそれぞれの役どころが伝わるようなキャスト紹介寸劇を披露。木村伝兵衛部長刑事役の味方はつか作品ならではの台詞を心地よい滑舌で熱く喋り倒し、初出演となる今泉は色気とかわいらしさのある婦人警官水野朋子役を思い切りよく演じ、さらには昭和を代表する歌謡曲「さよならの向う側」(山口百恵)を熱唱、犯人大山金太郎役の佐藤は得意のダンスは封印、静と影を感じさせる存在感を放ち、熊田留吉刑事役の石田は水野がぶっぱなすマシンガンで見事ハチの巣になっていた。
寸劇が落ち着いたところで演出の岡村俊一も加わり会見スタート。岡村は「今年で46年目。この公演で平成が終わります。この作品は昭和の作品、これが平成を乗り越えました。平成を生き延びるほどの作品、50年以上も上演されている日本の戯曲は数えるほどしかありません。この作品を今回も成功させて50年、100年くらい生き延びられるように若者に受け継ぎ、演出の僕自身も変わりながら次の世代に繋ぎたい」と挨拶した。「つかさんが亡くなってから来年で10年になりますが、いまだにつかさん、つかさんと世の中で言われています。作品や作家が生き残るのは『やり続けられること』だと思います。誰かがやっていく事がつかさんが喜ぶ事だと思います。今回は今泉はじめ歌えるキャストが多いので、ミュージカルシーンをふんだんに盛り込んで…」と語ると横から石田が「まるで前回(水野朋子役を演じた)木﨑ゆりあが歌えないような口ぶりを……」と茶々を入れ笑いを誘う。苦笑しながら岡村は改めて「今年は歌って踊る『熱海殺人事件』にしたい」と語った。
岡村俊一
3度目の木村伝兵衛役の味方は「また新たなキャストを迎え、ゼロスタートということでまったく新しい熱海殺人事件を作りたいと思います」と気合いを入れる。本作への意気込みをさらに聞かれると「僕は平成生まれ。つかさんとお会いする事なくこの作品をやらせていただいています。僕自身そこに対するフラストレーション、悔しさがあるんですが僕らの世代がつかさんの遺志を継いでいく、一つのピースになれることがすごく喜ばしく、また怖い部分もあります。平成最後に紀伊國屋ホールでこの作品を上演する使命感を強く感じています」と語った。
味方良介
昨年11月に欅坂46を卒業したばかりの今泉は、冒頭の堂々とした芝居とは打って変わって緊張の面持ちで「初めての舞台なので皆さんと一緒に素敵な作品をお届けしたい」と言葉少なめで挨拶。改めて冒頭の芝居について聴かれると「緊張しすぎて覚えていない」と本音を口にし、味方が崩れ落ちる一幕も。
今泉佑唯
今泉さんの「何も覚えてない」発言で味方さんがガックリ
ダンスユニット「lol-エルオーエル-」に所属する佐藤は「僕も舞台はほぼ初めて。こんな作品に出演出来る事を心から光栄に思っています。『熱海殺人事件』と岡村さんに僕のすべてを捧げたい。どれだけこの役を物に出来るかが勝負だと思っています」と決意を見せていた。「前回は僕の後輩(α-X'sの敦貴と匠海)が大山金太郎役を演じていたのでそのプレッシャーもあり、さらにこの4人でまたそろって稽古をしていないプレッシャーもあり」と不安を吐露したが、「今はずーみんちゃん(今泉)と共に切磋琢磨して臨んでいきたい」と語った。
佐藤友祐
そして前回に引き続き熊田留吉役で出演する石田は「今年はさらに一から見直してさらに上の熊田留吉を演じたいです。あと、芝居の途中に脱線コメディの部分があるんですが、そこが完全に僕の作品となります」と発表するとキャストとこれまでの『熱海~』を知っている記者から笑いが起きていた。ちなみにコメディ部分について、岡村から「『ボヘミアン・ラプソディで行こう!』とテーマをもらっていますが、採用するか却下するかはこれからです!」と苦笑い。
石田明
また石田の周りの人の反応についてはモノマネを交えつつ「明石家さんまさんが『お前、またつかこうへい(作品を)やるんか~』とか、西川のりおさんが『大阪だったら観に行くでぇ』って言ってくれたり、幅広い層の方が興味を持ってくれているのでその期待に応えたい」と最年長としての責任を口にした。
質疑応答では石田のトークスキルが炸裂。「質問がある方は社名と名前を言ってから質問を」というお約束の前振りが入るのだが、「デイリースポーツの〇ですが」の後に石田が記者になった風で手を挙げ「デイリースポーツ“もどき”の石田ですが~味方さんに質問です。お客さんとまぐわう『伝兵衛シート』は今年もあるんでしょうか? 毎年炎上しているとのことですが」、また「イープラスの〇ですが」の後には「イー“マイナス”の石田ですが、今泉さんから観て『吉本坂46』ってどんな風に思っているのか教えてください」と再び記者風に手を挙げ質問していた。
なお石田記者からの質問の答えは「伝兵衛シートは今年もあるだろう」(味方)「(吉本坂46)はオーディションの段階から聴いていて、すごく楽しみにしていました。すごく面白くて、素敵なグループだなと思いました」(今泉)、また弊社からの質問「つか作品経験者の二人から初参加の二人へのアドバイスは?」については、石田から「(前回の)稽古終わりに皆で僕の義理の父がやっている居酒屋に行く事が多く、そこは夜中12時に閉店すると、お店の中で僕らの舞台……深夜稽古が始まり、皆で“つか立ち”(足を開き腰を落とす)を始めるんです。実話です」とその時の様子を味方と共に実演しながら大笑い。ひとしきり笑った後、改めて石田は「演劇以外の事でも皆で向き合っていけば大丈夫」、味方も「役を敏感に感じていけば大丈夫」と、今回も深夜稽古の開催を匂わせすように二人を励ましていた。
常に誰かが笑っている会見でした!
会見の後に行われた囲み会見では、折しも2月14日、バレンタインデーという事で今泉扮する水野の写真がプリントされたチョコレートが今泉と佐藤から報道陣に手渡しされるサプライズも。最後まで笑顔の絶えない製作発表会見となっていた。
水野朋子バージョンのチョコ、美味しくいただきました!
なお、岡村から完売済の東京公演で追加公演が決まった事がこの日発表された。追加となるのは4月20日(土)14:00、18:00の回、4月21日(日)14:00の回。追加公演のチケット先行販売は、2月14日(木)18:00から24日(日)23:59まで受付中。
取材・文・撮影=こむらさき

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。