アリアナ・グランデ、グラミー批判も
最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム
受賞

グラミー賞でのパフォーマンスを辞退し、プロデューサーを批判したアリアナ・グランデだが、開催中の第61回グラミー賞で最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム(『Sweetener』)を受賞した。アリアナにとって初のグラミーとなる。

パフォーマンスを辞退しただけでなく、授賞式にも出席しなかったアリアナは、Twitterを通じコメントを発表した。「今夜あの場にいないし(信じて、努力したし本当に解決できたらよかったのにって思ってた)、これらのことに関して深く考え過ぎないようにしてるって言ったのはわかってるけど…ファック…これはワイルドでビューティフルだわ。すごくありがとう」
アリアナは内容をめぐり主催者側と同意に達することができず、パフォーマンスを辞退。先週、プロデューサーのKen Ehrlich氏が、何度も話し合ってきたが「彼女は、ショウのために何かをまとめ上げるには遅すぎると感じた」と発言したことに、「私は口を閉ざしてきたけど、あなたは嘘をつくのね。一晩あれば、パフォーマンスをまとめられるわ。それはあなたも知ってるでしょ、Ken。私の創造力と自己表現があなたによって抑えつけられたとき、私は出るのを止めようって決めたのよ」と反論していた。

アリアナは第61回グラミー賞で、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムほか最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス(「God Is A Woman」)の候補にも挙がっていたが、こちらは、レディー・ガガの「Joanne (Where Do You Think You're Goin'?)」が受賞した。

Ako Suzuki

■番組情報

『第61回グラミー賞授賞式』
放送日:2019年2月11日(月・祝)よる10:00 [WOWOWライブ] ※字幕版

[リピート放送]
『第61回グラミー賞授賞式』
放送日:2019年3月31日(日)午後3:00 [WOWOWライブ] ※字幕版

特設サイト: https://www.wowow.co.jp/music/grammy/

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。