鶴、地元・鶴ヶ島で<鶴フェス>開催
へ。応援大使をWIZYで募集

スリーピースロックバンド・鶴が、地元での主催フェス<鶴フェス>を2019年10月6日(日)に埼玉県・鶴ヶ島市運動公園にて、入場無料で開催する。これに伴い、共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」での「鶴フェス応援大使」募集が発表された。
2018年には鶴ヶ島市より「鶴ヶ島ふるさと応援大使」に任命され、全国ツアーでも鶴ヶ島のPR活動を展開した鶴。彼らがファンをはじめとした大切な人々を“ソウルメイト”と呼ぶスタイルにならい、今回掲げられたプロジェクト名は【一緒に盛り上げる全国のソウルメイトたち集まれ!”鶴フェス”応援大使大募集‼】というものだ。なお、イベントは鶴ヶ島市からの全面的バックアップを約束されている。
募集期間は2月6日(水)から10月6日(日)まで。WIZYのプロジェクトページから2,626(鶴・鶴)円で応援大使に参加すると、フェスのPR活動を手伝っていただくのとあわせて「鶴フェス応援大使限定パス」と『「鶴」うたギター 秋野温より応援大使へのお礼状』が届けられる。
▲「鶴」うたギター 秋野温より応援大使へのお礼状(イメージ)
▲鶴フェス応援大使限定パス デザイン

このほか、フェスへの道のりを紹介する「鶴フェス応援大使限定レポート」も閲覧が可能とのこと。今後もスペシャルイベントの参加券や限定アイテムの購入など、応援大使にならないと参加できないアイテムも追加販売予定だ。

Soul Mate Record主宰である秋野温(鶴)からは「今回のプロジェクトを動かすにあたり、鶴が今まで築いてきた全国のソウルメイトの皆様の力をお貸しいただきたいです。自分達だけでは成し得ない、見る事ができない素晴らしい景色を一緒に作りましょう。よろしくお願いします」というコメントも発表されている。
さらに、本日2月6日(水)21時から『「鶴フェス」への道〜君も応援大使〜」』と題したYouTube生配信も行われることが決定した。こちらではメンバーから「鶴フェス」へ向けた意気込みや「応援大使」協力のお願いを直接伝え、ライブあり、トークありの1時間となる予定だ。

■「鶴フェス」への道〜君も応援大使〜」
YouTube生配信日時:2019年02月06日(水) 21時〜(ライブありトークありの1時間を予定)
https://www.youtube.com/watch?v=PJnW__HWj_w&feature=youtu.be

【一緒に盛り上げる全国のソウルメイトたち集まれ!”鶴フェス”応援大使大募集‼】

プロジェクト期間:2019年2月6日(水)20:00~2019年10月6日(日)23:59  
プロジェクトURL:https://wizy.jp/project/164/
プロジェクトアイテム/価格
[第一次受付]鶴フェス応援大使 2,626円(税込・送料込) 
・鶴フェス応援大使限定パス
・「鶴」うたギター 秋野温より応援大使へのお礼状
・鶴フェス応援大使限定レポート
※第一次受付として、3月31日までにサポートいただいた方に、4月中旬頃配送いたします。第二次受付以降のスケジュールは、後日発表いたします。

※サポートには、クラブレコチョク会員登録/ログインが必要です。
※その他のアイテム、詳細、注意事項はWIZYプロジェクトサイトをご覧ください。(https://wizy.jp/project/164/
<鶴フェス2019>

2019年10月6日(日)鶴ヶ島市運動公園
10:00~18:00(予定)
入場料:入場無料
"鶴フェス"実行委員会:Soul Mate Record / 株式会社PAMAクリエイティヴ
協力:鶴ヶ島市、"WIZY"(レコチョク)

関連リンク

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」