L→R 木村雅人(Dr)、広瀬臣吾(Ba)、井上竜馬(Key&Vo)、服部栞汰(Gu)

L→R 木村雅人(Dr)、広瀬臣吾(Ba)、井上竜馬(Key&Vo)、服部栞汰(Gu)

【SHE’S インタビュー】
過去と今、全てを愛し、
未来に進む決意に満ちた最新作

変化することを恐れず、新たな光を集めて昇華するーー。“今とあの時”というコンセプトから作られたニューアルバム『Now & Then』は挑戦に満ちた作品に仕上がった。楽しみながら挑戦を続ける彼らは、今、輝いている。

ニューアルバムはどんな仕上がりになりましたか?

広瀬
「歓びの陽」(2018年8月発表の3rdシングル)がエレクトロサウンドを取り入れた挑戦作だったんですが、その流れを汲み取りつつ、バンドサウンドをよりブラッシュアップした曲が収録されているので、タイトル通りに最新のSHE’Sと今までのSHE’Sをしっかり体現できる曲が並ぶアルバムになりました。
服部
今の僕らが表現できる全てのことを注ぎ込んだ、よりバラエティーに富んだ曲が詰まっているからこそ、自分で聴いていてもわくわくする一枚になりました。
木村
ものすごく挑戦的なアルバムにはなりましたが、ちゃんとどの曲もSHE’Sとしてしっかり昇華できたので、いい意味で僕たちも変化できたんです。そのおかげで自信も付きましたし、より表現の幅も広がり、成長を見せられる作品になったんじゃないかなと思っています。

積極的に変化を楽しんだ作品になっていますよね。

井上
タイトルを“Now & Then”にしているからこそ、あの頃と今ということで二面性を見せていきたいと思ったんです。とはいえ、肩の力が抜け、“今はこういう曲が書きたい”という想いのまま作った曲が多いので、制作はすごく楽しかったですね。革新的だった「歓びの陽」をリリースした時も“どえらい変わったな!”みたいな反応はなかったですし(笑)。それよりもバンドサウンドとの両立や僕が歌うことで、みんなの中でSHE’Sとして寛容してくれたことがすごく嬉しかったんです。

音楽や好みは変化していくものですからね。

井上
そうなんですよね。作り手が聴き手に対してフィットするような音楽を作ることと、その逆も音楽が持つ自由とは掛け離れていると思うので、無駄な意識はしたくないと思ったんです。

アルバム曲も挑戦的な曲が多かったですよね。

木村
「Clock」は衝撃的でしたね。最近、竜馬がこういったテイストの曲を聴いていたので、曲が上がってきた時に“なるほどな”とは思ったんですが、これをどうSHE’Sとして構築していくかをかなり考えました。
広瀬
でも、この曲があることでバンドサウンドの曲が映えるとも思いました。エレクトロサウンドが目立ちますが、最後はちゃんとバンドサウンドに落ち着くという、今のSHE’Sの象徴ともなる曲なのかなと思っています。
服部
「Sweet Sweet Magic」はロカビリーっぽくて新しいですよね。ギターソロもアドリブが活かされていて、アルバムの中のいいフックになっているんです。歌詞もすごく面白いんですよ。洋楽って和訳するとまったく意味がなかったりするじゃないですか。まさにそれみたいで(笑)。
井上
あはは。僕もこんなに意味のない歌詞を書いたのは初めてです(笑)。SHE’Sのファンのみんなは深読みしてくれそうだけど、本当に意味がないということを言っておきます(笑)。ちなみに僕が一番作っていて楽しかったのは「Dance With Me」ですね。ストリングスも全部作りつつ、洋楽のポップスが持つリズム感の楽しさとJ-POPの気持ち良いメロディーをどこまで和洋折衷できるかが課題だったので、サビも4回ほど書き直したんですよ。その結果、とてもいい曲ができたので充実感が大きいですね。
木村
「Dance With Me」の《自由を選ぶ自由がある》という歌詞はグッときました。“あれ? これって自分のことかな”って。
井上
それ、ファン心理やで ! (笑)
木村
あはは。僕を含め、今の若者の心理がはっきりと描かれていて、すごくメッセージ性が高いんです。僕はつい周りの意見に納得しちゃう癖があるので、意識して自分の意見を貫き通していきたいと思いました。
井上
ラストの「Stand By Me」は一見、僕が好きな人へ歌ったラブソングのように聴こえるんですが、実はお客さんに向けた曲になっているんです。歌詞も今までの作品のタイトルの和訳を散りばめているんですよ。気付いてもらえたら嬉しいんですが、そういった過去を全て含めて新しい曲としてリリースする気持ちを受け取ってもらえたら嬉しいですね。

まさに宝探しのようですね。

井上
そうですね。ただ、こういうことをしていると“解散するの!?”って思われてしまいそうですが(笑)、今作は“今とあの時”というコンセプトアルバムでもあるので、その心配はありませんから。安心してください(笑)。

良かった(笑)。では、最後にみなさんが2019年をどう過ごしていきたいか教えてください。

服部
今まで以上に楽しんでライヴをしたいですね。僕、笑っていないお客さんに目を合わせて、笑うまで目をそらさないということをしているんですが、だいたいお客さんのほうからそらされちゃうんです(笑)。なので、もっとそこでの勝率を上げていきたいですね。
井上
すごい目標やな(笑)。僕はいろんな文化に触れてインプットを増やし、もっと羽根を広げて曲を作っていきたいと思っています。
木村
僕も音楽の幅を広げて、もっとライヴを積極的にやっていきたいですね。今年は対バンもすごく楽しみなんです。
広瀬
今回のツアーでは後輩のバンドとも対バンするんですよ。今年は後輩をけちょんけちょんにしつつ、先輩には立ち向かうようなパフォーマンスをしたいって思っています(笑)。
井上
あはは。もし今作でSHE’Sと出会って“いいな”と思ってもらえたのなら、ぜひ過去作も聴いてもらいたいですね。そして、ぜひライヴを体感してもらいたいです。

取材:吉田可奈

アルバム『Now & Then』2019年2月6日発売 Virgin Music
    • 【初回限定盤(DVD付)】 
    • TYCT-69138 ¥3,500(税抜) 
    • 【通常盤】(CD) 
    • TYCT-60134 ¥2,800(税抜)

『SHE'S Tour 2019 “Now & Then"』

2/16(土) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN  w)フレンズ
2/23(土) 京都・KYOTO MUSE w)SIX LOUNGE
2/24(日) 香川・高松DIME w)Saucy Dog
3/01(金) 静岡・浜松Live House 窓枠 w)ストレイテナー
3/15(金) 北海道・札幌PENNY LANE24
3/17(日) 宮城・仙台Rensa
3/20(水) 岡山・YEBISU YA PRO
3/21(木) 福岡・DRUM Logos
3/23(土) 広島・広島 CLUB QUATTRO
3/24(日) 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
4/06(土) 長野・松本 ALECX
4/07(日) 石川・金沢 EIGHT HALL
4/13(土) 大阪・なんばHatch
4/20(土) 東京・Zepp Tokyo

SHE'S プロフィール

シーズ:“聴けば、きっととらわれる。旋律に愛されたバンド”。メンバー全員大阪出身の次世代ピアノロックバンド。2012年の『閃光ライオット』ファイナリストを契機にその高い音楽性が一気に注目を集め、16年6月にシングル「Morning Glow」でメジャーデビュー。全作品のソングライティングを担う井上が奏でるピアノをセンターに据え、エモーショナルなロックサウンドから心を鷲掴みする珠玉のバラードまで、壮大かつ圧倒的な存在感を放つ。また、18年5月には東京と大阪にて弦・管楽器を従えたホールワンマン公演『Sinfonia “Chronicle” #1』を成功させた。SHE'S オフィシャルHP

L→R 木村雅人(Dr)、広瀬臣吾(Ba)、井上竜馬(Key&Vo)、服部栞汰(Gu)
アルバム『Now & Then』【初回限定盤(DVD付)】 
アルバム『Now & Then』【通常盤】(CD) 

「Dance With Me」MV

「歓びの陽」MV

「The Everglow」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着