家入レオ

家入レオ

【家入レオ インタビュー】
すごく真剣に
遊んでいる感じですね、今

クールなビートを主軸としたトラックに深遠なリリック、そして凜とした声と空気感が漂う新曲「この世界で」。この新たなる家入レオの音楽世界は静かな衝撃を聴く人にもたらすだろう。そして、カップリング2曲にも彼女のこだわりの妙が感じられる。

レオさんにとって2018年はどういう年でしたか?

変化するために変化した年でした。最近は“生活”をすごく大事にしているんですけど、以前は“いい音楽を作りたいから、いい体験をしたい”と思っていたんです。もちろん今もいい音楽を作りたいと常々思っているんですけど、その発想が逆になるだけでこんなに世界が変わっちゃうんだって。やっぱり生活があるから音楽が生まれるわけで、そこが痩せ細るといい音楽が紡げなくなると思うようになったんです。日常の何気ないことを大事にする…そういう変化はありましたね、特に。

生活、生きていくことって全ての基盤ですから。そこを大切にするからこそ生まれてくるものってありますよね。

今回の「この世界で」のMVは初めて歳の近い監督さんと作らさせていただいたんですね。この曲を尾崎雄貴さんからもらった時、“これからの世代でこの作品をもっと立体的にしていきたい”と思ったんです。それで監督のMitch Nakanoさんといっぱいおしゃべりしたんですよ、「この世界で」以外の日常のことを。どんな場所で生まれて、どんなことが楽しくて、どんなことが悲しくて…とか仕事の話を全然しないで(笑)。その時間があったからすごくいいMVが出来上がったと思うんです。 “いい音楽を作る”“いい作品を作る”っていうのは遊び心が大事なんだと。だから、すごく真剣に遊んでいる感じですね、今。

冒険も楽しめるようになってきたわけですね。

遊んでもいい時期になってきたのかなっていうふうに思ってますね。

レオさんとこの楽曲との出会いは?

『TIME』(2018年2月発表の5thアルバム)で尾崎さんから楽曲提供していただいてからやり取りが続いていて、この曲の断片を受け取った時に“これ、絶対に歌いたい!”と思ったんです。で、そこからちょっと時が経って映画『コードギアス 復活のルルーシュ』の主題歌のお話をいただいた時に、この曲がいいんじゃないかと思って。『コードギアス』の世界観と今の家入レオ”をテーマに、その断片を尾崎さんに磨いていただいて出来上がったのが「この世界で」なんです。今回初めて尾崎さんにもディレクションに参加していただいたんですけど、何かを表現するのに気持ちを作り込む必要はないっていうことに気付かされて。その時の自分でただ歌う…“ここはこういう解釈で、ここはブレスを多めにして〜”じゃなくて、どこを切り取られてもいいっていう覚悟で毎日を生きていかないと駄目なんだって思わされたディレクションでした。だから、歌っていても澄み切っていますよね。ただ自分で歌っているだけだから。

歌声も、そこにある空気も、凜とした感じがありますね。

あぁ、そうかもしれないです。

あと、聴き込めば聴き込むほど見えてくるものがあって世界が広がる。だから、この曲を深く知りたいと思わされるんですよ。

そうなんですよ。「この世界で」ってやさしくないと思う…2度同じ気持ちにさせてくれないというか。“わっ、ここすごく心地良い”と思って、もう1回それを味わいたくて再生すると、次は絶望に連れて行かれたりする。“あれ? さっきここにあった蜃気楼みたいなものを掴んだと思ったのに”みたいな。

こういう楽曲が年明け第一弾というのが素晴らしいですね。

はい。幕開けのような気がしました。

それも華やかというよりは重い扉をグッと開けた感じで。

そうなんですよ。でも、これがまた面白くて! 分かりやすい開花じゃないんですよね。この曲はまた新たな出会いを呼んでくれそうですし。本当にこの曲をシングルとして出せるのは嬉しいです。やっぱり“出したい”と思ったものを出していくべきだと改めて思いましたし、自分が素晴らしいと思える作品をみなさんに届けていきたいですからね。

2曲目の「Spark」はご自身による作詞作曲ですね。

パラスポーツアニメ(『アニ×パラ~あなたのヒーローは誰ですか~』第三弾・車椅子テニス)のテーマ曲のお話をいただいて。で、車椅子テニスの選手の国枝慎吾さんのドキュメント映像を観て、ハンディがあるとかないとか関係なくひとりの人間として輝いていらっしゃると感じたんです。ちょうどその頃から私は自分の人生において男女というか、性別というものに興味を持ち始めていて。女の子とか男の子とか関係なく輝きたい、スパークしていきたいという、私自身の想いが国枝さんの姿と重なって生まれたのが、この曲なんです。

いわゆるスポ根応援歌ではない、人としての歌に昇華させているところにハッとさせられました。で、レオさんらしいなと。

ありきたりな応援歌にはしたくなくて。人生のテーマ曲みたいなものが作れたらいいなと思ったんです。

アレンジはCHRYSANTHEMUM BRIDGEなんですね。

こういうエレクトロなことがしたくて。トリッキーなことをしているんですけど、みんなが食べてちゃんと美味しいって分かる、メロディーを活かしたアレンジをしてくださいました。

3曲目の「もし君を許せたら(Piano Version)」のコラボですが、これはもう表現する言葉が見つからないです。

嬉しい! 清塚信也さんとは『ミュージックステーション』で「ずっと、ふたりで」(2017年7月発表の13thシングル)を歌った時にご一緒したんですけど、すごく感じるものがあって。だから、このピアノバージョンを収録することが決まった時、“絶対に清塚さんとやりたい!”と思ってオファーしたんです。同じブースにマイクとグランドピアノを入れて一発録りしたんですけど…なんかもう、フェンシングの試合みたいな感じでした(笑)。

それ、すごく分かります! 闘っている感じがするし、息遣いまで聴こえてくる感じもあって。

そうですね。でも、修行僧のような苦しさじゃなく、ちゃんと音楽を楽しんでいるっていう。クラシックの方の美学…それも素晴らしいと思うんですけど、J-POPの楽しさみたいなものも乗せてくださる方なので、そこが素敵ですよね。

3曲とも異なる世界を持っていてアルバム級の充実度でした。そして、2月には大阪城ホールでのライヴが控えていますね。

1部と2部に分けて、バンド編成とオーケストラっていう。すごく楽しめる、記念すべきものになると思います。

取材:竹内美保

シングル「この世界で」2019年1月30日発売 Colourful Records /ビクターエンタテインメント
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • VIZL-1517 ¥1,700(税抜)
    • 【完全生産限定盤(2CD)】
    • VIZL-1518 ¥2,900(税抜)
    • 【アニメジャケット限定盤】
    • VICL-37454 ¥1,400(税抜)
    • ※デジパック仕様(『コードギアス 復活のルルーシュ』イラストジャケット)

【ライヴ情報】

『家入レオ 7th Anniversary Live at 大阪城ホール ~Premium Symphonic Night~』
2/24(日) 大阪・大阪城ホール

『家入レオ 7th Live Tour 2019』
5/10(金) 山梨・コラニー文化ホール
5/12(日) 石川・白山市松任文化会館
5/19(日) 香川・サンポートホール高松・大ホール
5/24(金) 茨城・日立市民会館
5/26(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5/30(木) 北海道・コーチャンフォー釧路文化ホール
6/01(土) 北海道・わくわくホリデーホール
6/08(土) 岐阜・バロー文化ホール
6/09(日) 滋賀・滋賀県立文化産業交流会館
6/14(金) 秋田・秋田市文化会館
6/15(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
6/21(金) 島根・島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール
6/22(土) 広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール
6/28(金) 群馬・太田市民会館
6/30(日) 山形・荘銀タクト鶴岡
7/06(土) 静岡・静岡市民文化会館中ホール
7/13(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
7/14(日) 長崎・諫早文化会館
7/19(金) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
7/27(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場9・10ホール

家入レオ プロフィール

イエイリレオ:1994年12月13日生まれ、福岡県出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、15歳の時に完成させた「サブリナ」で12年2月にメジャーデビューを果たす。光と影、希望と不安や葛藤など、精神面での深淵を綴った歌詞と表情豊かなヴォーカルで幅広い支持層を獲得。17年2月にデビュー5周年記念で初のベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売し、4月には初の日本武道館公演を大成功に収めた。19年2月にはデビュー7周年記念で“Premium Symphonic Night”と題した大阪城ホール公演を成功させた。家入レオ オフィシャルHP

家入レオ
シングル「この世界で」【初回限定盤(DVD付)】
シングル「この世界で」【完全生産限定盤(2CD)】
シングル「この世界で」【アニメジャケット限定盤】

「この世界で」MV(Short ver)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着