ミッシー・エリオット、女性ラッパー
で初めてソングライターの殿堂入り

ミッシー・エリオット、キャット・スティーヴンス(ユスフ)らが、今年、ソングライターの殿堂入りすることが発表された。
2019年度は、パフォーミング・ソングライターではミッシー・エリオット、マライア・キャリー、クリッシー・ハインド、ヴィンス・ギル、マイク・ラブ、ジミー・クリフ、ジェフ・リン、ユスフ/キャット・スティーヴンス、John PrineLloyd Price、Tommy James、ユーリズミックス(アニー・レノックス&デイヴ・スチュワート)が候補に挙がっていた。

エリオットは、ラッパーではジェイ・Z(2017年)、ジャーメイン・デュプリ(2018年)に次ぎ3人目。女性ラッパーでは初となる。

2019年度は、ミッシー・エリオット、ユスフ/キャット・スティーヴンスほか、カントリー・フォーク・シンガーのJohn Prine、イーグルスのコラボレーターとして知られるJack Tempchin、Dallas Austin、Tom T. Hallが殿堂入りする。

セレモニーは6月13日にニューヨークで開かれる。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。