HAPPFATさん思い出の1曲「Fleetwood
Mac/Albatross」|Music Episode
#012

ハワイの特別な空気に馴染む1曲

ー思い出の一曲を教えてください。

Fleetwood Macの「Albatross」です。
ーどんなエピソードがあるか教えてもらえますか?

何度か行った結果、愛していると言っていいほど、ハワイが大好きで。
ハワイといってもホノルルやアラモアナではなく、マウイ島にある地元の人しかいないようなカマオレビーチパークという場所で夕日が出る時間、海辺でよく聴いていた曲です。

ーハワイの虜になったきっかけはありますか?

姉がよくハワイに行っていたんです。
それで4年前、姉とハワイに一緒に行った時、ホノルルに到着してワイキキに行くのかと思いきや、すぐ移動するよって言われて、ローカルの小さい飛行機に30~40分くらい乗って到着したのがマウイ島でした。

飛行機から降りた瞬間に自分でも理由が分からなかったんですが、怖いくらいに泣けるような懐かしい感覚が優しく伝わってきました。
おそらく、日本では味わう事のできない生暖かい空気が、南国がもつ独特な空気も相まって、自分の肌にすごく合ったんでしょうね。

マウイ島の好きなところは、地元の人達が海や夕日をすごく大切にしていることです。

ワイキキとマウイ島では、夕方のビーチでの人の集まり方が異なって感じます。
マウイ島では、日常的に夕方になると静かに人がなんとなく集まってきて、夕日を眺めて静かに去っていく。その穏やかな背中を見てこれはすごく良いなぁ、と。

自分の中で綺麗なものをみる見方とか、「好き」に対するあり方が少し変わりました。

ーハワイの空気感、雰囲気が好きなんですね。

そうですね、ハワイに行ったら大体2週間くらいいます。

しかし、マウイ島には”何もしない”ことを目的に行っています。
何もしにいかないのに満足して帰ってくる、そういう感覚ってあまり日本ではないですよね。
ー今回リリースされた楽曲はマウイ島をイメージされたとのことですが。

そうですね、DJをしている時に僕が大切にしていることなんですが、ただ単にハワイ産の音楽やハワイアンを作って南国情緒を感じてもらうのではなく、自分が感じたハワイの空気感を、生活的なもの、日々感じたものを歌詞ではなく音にしたくて、インストにしました。

挙げているFleetwood Macの曲やMac DeMarcoの「No Other Heart」も自分が感じたハワイの海辺や町の空気感を持つ楽曲で、音の一つ一つにモヤがかかったようなザラザラしたDIY的な要素を感じています。
ー最後にこれからDJとして、、トラックメイカーとして、どのようにしてハワイをはじめとするような”海”を伝えていきたいですか?

最近、ハワイの友達が主宰するALOHA GOT SOULを始めに日本でハワイアンミュージックが盛り上がっていますが、違うアプローチの仕方を考えていて、ハワイ産やコンテンポラリーハワイアンではなくて、ジャパニーズハワイアンっていう言葉に近いんですかね?日本人が解釈したあのムードを醸し出している、様々な国やジャンルの音楽をパッチワークのように1つにして表現しているっていうイメージだと思います。

特にDJは”海”というテーマを持っています。
ハワイに限らず、60年代から最近リリースされる様々な国の音楽を1つにして皆さんに感じて楽しんでもらえたらという考え方なので、そこからDJとしてFleetwood MacもMac DeMarcoも繋がるようなプレイをして化学反応を起こすという、そういう橋渡しになれたら面白いなと思います。是非、楽しみにいらしてください。

ARTIST INFO [HAPPFAT] 音源には収まらない現場で解る独特のライブ的プレイスタイルは、ダンスフロアに留まらずこれまで数々のバンド等とのDJや、RIP SLYME主催の野外フェス、真夏のWOWに2年連続出演やファッション、フードドリンクカルチャー発信のフェスにも出演したりと様々なシチュエーションで見たいとの声が多数上がる、DJ/作曲家/プロデューサー。 飲食店やブライダル等の選曲やプロデュース等も手がける。 愛する海を背景に置き超雑多ALL MIXな、ならではのスタイルは異様と言われる程のオールジャンル多方面で支持を受けている。 楽曲では、2016年夏にネオハワイアンをコンセプトに1st.EP CD ”HICHEESE”をリリースし、ゆるく南の風を吹かせる。 https://youtu.be/dJA_Lj6LDjQ (収録曲”SOON”) https://tower.jp/item/4331636/HI-CHEESE 2017年DJみそしるとMCごはんのサポートメンバーとしてバックDJを務めFUJIROCK FESTIVAL 17’にも出演し経た。 楽曲”ライスマイル”には編曲・Coプロデュースで提供した。 2018年11月06日に2年半振りの新曲『AND OCEAN』を配信リリース。 2019年1月にアナログ7インチをJET SET PRODUCTSからリリース。 ■Spotify HAPPFAT ■Twitter @HAPPFAT ■Instagram @happfatgeneralstore 2019.01.23 release HAPPFAT 2nd.SINGLE “AND OCEAN” 7INCH VINYL 価格:1500円(税別) レーベル:ROUNDTWO RECORDS/JET SET https://www.jetsetrecords.net/happfat-and-ocean/i/816005532679/ ■MV HAPPFAT / AND OCEAN [Official Music Video]

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」