配信&12inch アナログ盤「ソレイユ」

配信&12inch アナログ盤「ソレイユ」

超特急、
新曲「ソレイユ」を配信
&初のアナログ盤でリリース

超特急が新曲「ソレイユ」を配信及び自身初のアナログ盤限定で2月20日にリリースすることがわかった。

1月11日より放送開始するテレビ東京系 ドラマ24『フルーツ宅配便』のエンディングテーマとして、実力派シンガーソングライター・高田漣が“光と影を強く意識して”書き下ろしたという本作。“ソレイユ”はフランス語で太陽という意味を持ち、アコースティックギターがリードする陽だまりのようなサウンドに、ヴォーカル・タカシの生まれ持った温もりのある声質がピタリとマッチして、冬の寒さと春の訪れを予感させる景色や匂い、新たな出会いや別れに満ちた季節へと移り変わる日々の哀愁までを、優しく太陽のように包み込む一曲となっている。

さまざまな女性の懸命に生きる様を、主演の濱田岳が演じるデリヘル店長の目線を通して描くドラマに沿って、誰かにとっての“町で一番の美女=サンシャイン”への想いを謳う、タカシの今までになくアンニュイな歌声は、間違いなく超特急の新たな扉を開くもの。躍動的なダンスチューンを主に発表してきた彼らが、ここまで音数の少ないフォーキーなナンバーに挑戦するのは初ということもあり、メンバーのカイも“この曲をやったから、もう、どんなジャンルにもチャレンジできる”と自信をにじませているという。

また、これまでとはガラリと趣の異なる油彩調のファンタジックなジャケットは、1960年代後半に活動し、ニール・ヤングらを輩出したアメリカのロックバンド、バッファロー・スプリングフィールドの2ndアルバムをオマージュしたもの。メンバーが顔を出さず、音楽へのリスペクトを全面に押し出したデザインも、超特急の7年に及ぶ歴史の中では画期的なものだ。

12インチのアナログ盤は、B面に高田漣がセルフカバーした「ソレイユ」も収録したスプリット盤となっており、それぞれの表現や個性の違いを聴き比べてみるのも興味深い。

3月には全国4都市のZeppを回るファンクラブツアー、4月20日からは特急史上最大規模となる全33公演10万人動員のホーツアー『BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜』を敢行する超特急。新たな時代が始まる2019年に、想像を超えた領域へと、そのパフォーマンスの幅を広げていきそうだ。
配信&12inch アナログ盤「ソレイユ」2019年2月20日発売
    • 【12inch アナログ盤】
    • HR12S018/¥2,160(税込)
    • <収録曲>
    • A面:ソレイユ(超特急)
    • B面:ソレイユ(高田漣)
    • 【配信】
    • <収録曲>
    • 1.ソレイユ(超特急)

『BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜』

4月20日(土) 千葉・松戸森のホール21 大ホール 
4月21日(日) 千葉・松戸森のホール21 大ホール 
4月28日(日) 神奈川・カルッツかわさき ホール
4月29日(月祝) 神奈川・カルッツかわさき ホール
5月02日(木) 大阪・大阪国際会議場 メインホール 
5月03日(金祝) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月05日(日祝) 大阪・大阪国際会議場 メインホール 
5月11日(土) 鳥取・とりぎん文化会館 ★初開通
5月12日(日) 島根・島根県民会館 ★初開通
5月17日(金) 福岡・福岡サンパレス 
5月18日(土) 長崎・長崎ブリックホール
5月25日(土) 愛知・愛知県芸術劇場大ホール
5月26日(日) 愛知・愛知県芸術劇場大ホール
6月01日(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
6月02日(日) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
6月08日(土) 広島・上野学園ホール

◎詳細はツアー特設サイトをチェック!
http://bullettrain.jp/euphoria/

配信&12inch アナログ盤「ソレイユ」
超特急

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。