みんなが聴いた人気曲デイリーランキ
ング、1位にあいみょん、ピックアッ
プにCHUNG HA、NCT DREAM

1位にあいみょん。続いて2位Mrs. GREEN APPLE、3位に椎名林檎, 宮本浩次がランクインという結果となりました。

今最も聴かれている人気楽曲ランキング
トップ3

1位:マリーゴールド / あいみょん

2位:僕のこと / Mrs. GREEN APPLE

3位:獣ゆく細道 / 椎名林檎, 宮本浩次

ランキングから編集部注目の曲をご紹介

Gotta Go / CHUNG HA

元韓国ガールズグループI.O.IメンバーのCHUNG HAが2019年1月2日にリリースしたシングル「Gotta Go」が13位にチャートイン。今楽曲の作詞作曲は、TWICEの「TT」、「CHEER UP」やSISTERの「TOUCH MY BODY」など韓国で多くのヒット曲に携ってきたBlack eyed Pilseungが担当。CHUNG HAとBlack eyed Pilseungは2018年にリリースされたミニアルバム『Offset』の「Roller Coaster」でも一緒に制作をしており、爆発的な人気を誇った事から、今作にも期待が高まっています。

Candle Light / NCT DREAM

K-POPグループNCT DREAMが2018年12月27日にリリースしたシングル「Candle Light」が25位にチャートイン。アコースティックギターサウンドとミドルテンポのビート、NCT DREAMの優しい歌声が心地良く調和した楽曲です。また今楽曲は2018年内でのグループ卒業を発表したMark Leeが参加している最後の曲となっており、ファンにとっては感慨深い作品なのではないでしょうか。

「Spotify Japan 急上昇チャート」1/3
付ランキング

No.

アーティスト


1
マリーゴールド
Aimyon


2
僕のこと
Mrs. GREEN APPLE


3
獣ゆく細道
Sheena Ringo


4
アイノカタチ(feat.HIDE GReeeeN)
MISIA


5
Love of History
EXILE


6
シンクロニシティ
Nogizaka46


7
WE DO
Ikimonogakari


8
パプリカ
Foorin


9
ひこうき雲
Yumi Arai


10
A HAPPY NEW YEAR
Yumi Matsutoya


11
THROW YA FIST
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE


12
藍二乗
ヨルシカ


13
Gotta Go
CHUNG HA


14
待ってろ今から本気出す
RHYMESTER


15
Shallow
Lady Gaga


16
Wow.
Post Malone


17
One Kiss (with Dua Lipa)
Calvin Harris


18
世界はあなたに笑いかけている
Little Glee Monster


19
元旦インダハウス
Tha omedetaz


20
BDZ
TWICE


21
Sweet but Psycho
Ava Max


22
Sky's the limit
DJ RYOW


23
Don't Stop Me Now – Remastered
Queen


24
Billie Jean
Michael Jackson


25
Candle Light
NCT DREAM


26
ファンファーレ
sumika


27
もう恋なんてしない
Maiko Fujita
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」