Frantic EMIRY、V系シーンの幻のバン
ドが再始動!?

本日12月12日、突如として謎のヴィジュアル系バンドによるオフィシャルサイトがオープンした。
サイトには、“希望と絶望が入り混じる狂乱の世界 舞い降りた5人が描く物語”という文字に加え、“Frantic EMIRY ~second crisis~”とのバンド名が記されている。

Frantic EMIRYといえば、2010年、前触れなくヴィジュアルシーンに登場してシングル「World End」を発表。<stylish wave>ツアー出演後は闇の中に消えたバンドだ。その正体はDaizyStripperなのではないかと噂されつつも、真相はヴェールに包まれたまま。

しかし、同サイトに映し出された写真は顔こそ判別できないものの、当時のメンバーとは別人を思わせる。果たして、この5人は一体何者なのか? 今後どんな展開をしていくのか?

“2018.12.21 21:00” “2019.01.11 11:00”──サイト上で予告された2つのX-Dayで明かされるであろう情報にご注目を。

▼First impact
2018.12.21 21:00

Second Impact
2019.01.11 11:00

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着