ビースト・イン・ブラック、2ndアル
バム完成

バトル・ビーストのブレインとして全作詞作曲を手がけ、2015年のサード・アルバム『アンホーリー・セイヴィアー』リリース後にバンドを脱退したギタリストのアントン・カバネンが始動させたニュー・バンド、ビースト・イン・ブラックが、デビュー・アルバム『バーサーカー』に続く2nd『フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ』を2019年2月8日にリリースする。
アントン他、高校の同級生だった3人を中心にフィンランドのヘルシンキにて結成されたバトル・ビーストは、<ヴァッケン・メタル・バトル2010>でファイナル・ステージに進出し、<ヴァッケン・オープン・エア>で見事優勝するなど、デビュー前からヨーロッパのメタルヘッズの間で広く知られた存在だった。フィンランドでチャート7位を記録したデビュー作『スティール』を引っ提げ、名門ニュークリア・ブラストに移籍すると、女性シンガーのノーラ・ロウヒモを新たに迎え、2013年に2nd『バトル・ビースト』をナショナル・チャートの5位に送り込むこととなる。この成功の裏には、メイン・ソングライターであるアントン・カバネンによる巧みなソングラインティング術があった。

2015年に3rd『アンホーリー・セイヴィアー』をリリースし、2013年に初来日を果たし、2014年には<LOUD PARK14>で再来日するなど、日本のメタル・ファンにもその名は着実に浸透し、バンドの未来は順風満帆かと思われたが、アルバム発表直後にアントン・カバネンが突如としてバトル・ビーストを離脱してしまう。

そして、ほどなくしてアントン・カバネンによって結成されたニュー・グループがこのビースト・イン・ブラックとなる。シンガーのヤニスによる抜群の歌唱力を活かすべく、アントンのソングライティングもバトル・ビースト以上に色彩豊かなものとなっており、いきなりナイトウィッシュのツアーに同行するなど、ヨーロッパでは早くも注目バンドとなった。
本作『フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ』は、ドラマーにアッテ・パロカンガスを迎えた最強布陣となったビースト・イン・ブラックの待望のセカンド・アルバムだ。前作から約1年という短いスパンでのリリースながら、前作をはるかに凌駕する充実の内容となっており、ヘヴィな質感を保ちながらもキャッチーで重層なメロディが幾重にも練り込まれ、爽快感すら漂う絶品のアリーナ・メタルへと仕上がっている。W.A.S.P.やラプソディ、ビヨンド・ザ・ブラックとのヨーロッパ・ツアー、そして2018年5月の来日公演など精力的なライヴ活動で鍛造されたサウンドは、まさしくアントンの豊潤な音楽キャリアの集大成とも言えそうだ。

ビースト・イン・ブラック『フロム・ヘ
ル・ウィズ・ラヴ』

2019年2月8日 世界同時発売予定
【50セット 直筆サインカード付きCD】 WRDZZ-825 / ¥3,500+税
【CD】 GQCS-90684 / 4562387208593 / ¥2,500+税
※日本語解説書封入
1.クライ・アウト・フォー・ア・ヒーロー
2.フロム・ヘル・ウィズ・ラヴ
3.スウィート・トゥルー・ライズ
4.リペントレス
5.ダイ・バイ・ザ・ブレイド
6.オーシャンディープ
7.アンリミテッド・シン
8.トゥルー・ビリーヴァー
9.ディス・イズ・ウォー
10.ハート・オブ・スティール
11.ノー・サレンダー
《ボーナストラック》
12.キルド・バイ・デス
13.ノー・イージー・ウェイ・アウト

【メンバー】
アントン・カバネン(ギター/ヴォーカル)
ヤニス・パパドプロス(ヴォーカル)
カスペリ・ヘイッキネン(ギター)
マテ・モルナール(ベース)
アッテ・パロカンガス(ドラムス)

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。