BLACKPINK 海外女性グループ初の京セラドーム公演! 初のフルALもリリース‼

BLACKPINK 海外女性グループ初の京セラドーム公演! 初のフルALもリリース‼

BLACKPINK 海外女性グループ初の京
セラドーム公演! 初のフルALもリリ
ース‼

フルアルバム「BLACKPINK IN YOUR AREA」をリリース

BIGBANG・WINNER・iKON等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁するYG ENTERTAINMENT所属のガールズグループ「BLACKPINK (読み : ブラックピンク)」が、12月5日(水)、自身初のフルアルバム「BLACKPINK IN YOUR AREA」をリリースした。

12月24日(月祝)には"海外女性グループ史上初の京セラドーム大阪公演"「BLACKPINK ARENA TOUR 2018 "SPECIAL FINAL IN KYOCERA DOME OSAKA"」を控え、いよいよ盛り上がっている。
MV再生回数 5億回!
先月、2本のミュージックビデオ 「PLAYING WITH FIRE」が3億回、さらに最新曲「DDU-DU DUU-DU」が5億回とYouTube再生回数で大台に乗る記録を更新。
また11月12日(月)にリリースされたメンバー「JENNIE (読み:ジェニー)」のソロデビュー曲「SOLO」は、 韓国主要8つの配信サイトにて1位を記録したほか、世界40ヶ国のiTunesで1位、ついにはワールドワイドiTunesソングTOP200チャート首位をも獲得し、韓国女性ソロ歌手として初の栄誉に輝いた。
【MVを見る】再生回数5億回!記録更新の「DDU-DU DUU-DU」
CMタイアップ曲も
日本国内に目を向けると、資生堂から12/5発売になったCOSMETIC PRESS「ビニールメイクアップ」のCMにBLACKPINKが登場。CMソングも「DDU-DU DUU-DU」が流れその楽曲ともに話題に。
さらに、キットカット45周年キャンペーンでは「FOREVER YOUNG」がテーマソングとなって展開中など、BLACKPINK及び彼女たちの楽曲が勢いづいており、その勢いは京セラドーム大阪のツアーファイナルに向けまさに加速中。
【歌詞を見る】最新!誰よりも早く「FOREVER YOUNG」の歌詞をチェック!
日本語バージョンも収録
12/5発売のBLACKPINKの初フルアルバム『BLACKPINK IN YOUR AREA』は、デビューから最新楽曲までを余すところなくパッケージングした日本語バージョン全9曲を収録。
「BOOMBAYAH」や「DDU-DU DDU-DU」などヒット曲に加え、"KITKAT45周年キャンペーンテーマソング"の「FOREVER YOUNG」や「REALLY」・「SEE U LATER」の日本語バージョン3曲が初収録される。
初回生産限定の【2CD+DVD】形態には、上記コンテンツに加え、DISC 2に韓国オリジナルバージョン全9曲を収録。さらにDVDには全ミュージックビデオ、そして初の日本ツアー「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」の8月26日幕張メッセ公演から9曲のLIVE映像もいち早く収録される。他、A4サイズPHOTOBOOK形態など、気になるアルバムラインナップとなっている。
ドーム公演、そしてワールドツアーへ
今年最後で最大のBLACKPINKの山場とも言える、12月24日(月祝)のドーム公演。さらにそのあとには、来年1月タイのバンコク2DAYSから始まるワールドツアーが控えており、ますますBLACKPINKの活躍が世界にも広がっていくことは間違いない状況。そんなBLACKPINKの初フルアルバム、そして京セラドーム大阪でのツアーファイナルをぜひチェックしてもらいたい。

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」