映画『名探偵コナン 紺青の拳』劇場
版シリーズ23弾 - コナン&キッド、京
極がシンガポールへ

「名探偵コナン」の劇場版シリーズ最新作、第23弾となる映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』が、2019年4月12日(金)より全国東宝系にて公開される。シンガポールの代名詞でもあるホテル「マリーナベイ・サンズ」を舞台に繰り広げるコナン、怪盗キッド、そして京極の三つ巴バトルはファンならずとも必見だ。
舞台は、劇場版史上初となる海外・シンガポール。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」を巡り、コナンと、その宿命のライバルであり“月下の奇術師”の異名を持つ怪盗キッドが、マリーナベイ・サンズで起きた殺人事件、そしてシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていく。
『名探偵コナン 紺青の拳』のキーパーソンとなるのは、怪盗キッドの行く手を阻む杯戸高校・空手部主将であり、400戦無敗を誇る最強の空手家・京極真。原作での主要ストーリーにも絡む重要キャラクターである京極が、今回、劇場版初出演となる。
京極と怪盗キッドは、過去に京極の恋人・鈴木園子を巡って対決したこともある因縁の関係だ。京極はブルーサファイアを狙う怪盗キッドの前に何故か立ちはだかり、コナンはキッドによって強制的にシンガポールに連れ出されることとなる。
毎作変わるゲスト声優は、劇場版「名探偵コナン」シリーズのみどころのひとつでもある。 紺青の拳では、山崎育三郎河北麻友子をゲストとして迎えた。山崎育三郎は、実業家のレオン・ローを演じ、河北麻友子はその美人秘書であるレイチェル・チェオングを演じる。
レオン・ローは、犯罪心理学者。今は実業家という、謎めいている部分が多い。“シンガポールの名探偵”とも呼ばれており、コナン、怪盗キッドの前に立ちはだかる。
原作コミックスの全世界累計発行部数は、ついに2億3000万部に達した。2018年4月に公開された劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』がシリーズ最高興行収入91.8億円をたたきだし、劇場版「名探偵コナン」は6作品連続で興収最高記録を更新するという前代未聞の偉業を成し遂げた。
“拳”という一文字を通じて、異色のコラボレーションが実現。ムービーとイラストの2つのコンテンツが公開となった。
ムービーは、ケンシロウの声優・神谷明自らが、ケンシロウとしてナレーションを担当。劇中で繰り広げるアクションに合わせて北斗百裂拳の雄叫びを炸裂している。また、『北斗の拳』ではお馴染み、「お前はもう死んでいる」や、断末魔の「ひでぶっ!!」などのセリフも入り、まさに両作の世界観が融合した衝撃的な映像となった。また、コラボレーションイラストでは、青山剛昌と原哲夫、漫画家同士の初タッグが実現している。
19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズにて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。
一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。
やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!? そして、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!
『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』
公開日:2019年4月12日(金)
原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:永岡智佳
脚本:大倉崇裕
音楽:大野克夫
声の出演:高山みなみ山崎和佳奈小山力也山口勝平 ほか
製作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント 配給:東宝

新着