小林克也

小林克也

『ベストヒットUSA』による
DJイベント開催前に
小林克也のインタビューを公開

12月1日(土)恵比寿ザ・ガーデンホールにて、スペシャルDJイベント『ベストヒットUSA presents 『小林克也・祝喜寿 ~ベストヒットUSA・DJナイト~』』が開催される。

『ベストヒットUSA』は、日本でMTVの放送が始まる前の1981年に放送がスタートし、日本中の10代20代に多大な影響を与えた洋楽番組。一時的に番組が終了した時期や放送局が変わった時期もあるが、2003年以降はBS朝日に固定され、現在も放送中だ。

番組スタートから37年にして初めての開催となる本イベントには、石野卓球DJ KAORITOWA TEI屋敷豪太の4人のDJたちが出演する。同番組が始まった時代であり、日本でもっとも洋楽が広く聴かれた時代でもある80年代の曲を中心にプレイするという趣旨で、番組内の人気コーナー『スター・オブ・ザ・ウィーク』を小林克也が再現する企画も! 今回は『ベストヒットUSA』のVJであり、DJナイトにも出演する小林克也に語ってもらった。

【小林克也 インタビュー】

──どのように企画が立ち上がったんでしょうか。
小林:僕が今年喜寿で、番組サイドから“せっかくだから何かやった方がおもしろいですよね”という提案があって。たとえばこの間は、番組のオフィシャルCDを発売したりとか、そういうことはやって来たんですけどね。だからそれの一環みたいなものなんだけど、ただ、お客さんに参加してもらってイベントとして行うのは、初めてなので。今まで顔を見ることができなかったお客さんたちに会える、というのは、僕にとっては特別なものがありますね。

──『スター・オブ・ザ・ウィーク』もやるんですよね。これは出演者とトークショー?
小林:はい、そう考えてますね。

──小林さんの出番は、そこぐらい?
小林:それはまだわかんないですけど、今のところは……僕は1971年の終わりから、1976年までの5年間ぐらい、ディスコで皿回しをしていたんです。だから、DJも、やろうと思えばできるんですけど。ただ、僕らの時は、今のDJとはテイストが違って──。

──しゃべるんですよね、曲の間に。
小林:そう、しゃべりながらDJをやる。だから、今のDJとは違いますよね。あと、今と違うのは……その頃から80年代くらいまでは、“ディスコ・クラブ向けの音楽”っていうカテゴリー分けはなくて。とにかくダンサブルな音楽だったらなんでもいい、踊らせるのはDJの腕という。今なら考えられないような選曲で、たとえばママス&パパスだとか、イーグルスだとかも平気でかかる。大阪のディスコでは、みんな山下達郎で踊っていたし。今はもっと、クラブによって、DJによって、ヒップホップ、EDM、レゲエって音楽のテイストが分かれているし、お客さんの好みも細分化されているでしょ。でもこの『ベストヒットUSA』のイベントは、昔のようにノンジャンルな音楽がかかる、“Get together”っていう感じの時間になると思います。そこも、とても楽しみなんですよね。

撮影:堀 清香取材:兵庫慎司

『小林克也・祝喜寿 ~ベストヒットUSA・DJナイト~』

12月01日(土) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール

<出演>
小林克也
DJ:石野卓球 / DJ KAORI / TOWA TEI /屋敷豪太(50音順)
※本公演は出演者の演奏によるLIVEはございません。
※都合により出演者が変更になる場合がございます。予め御了承ください。

<チケット>
オールスタンディング¥5,000(税込/ドリンク代別)
※未就学児入場不可
■チケット一般発売
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/besthit-usa/
・ローソンチケット http://l-tike.com/besthits-usa
・e+(イープラス) http://eplus.jp/besthitusa/
・YAHOOチケット https://ticket.yahoo.co.jp/
・CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/
0570-08-9999(10:00~18:00)
■お問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00~19:00)

小林克也
『小林克也・祝喜寿 ~ベストヒットUSA・DJナイト~』
石野卓球
DJ KAORI
OWA TEI
屋敷豪太

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。