L→R Yoma(Ba)、Luiza(Vo)、KenT(Dr)

L→R Yoma(Ba)、Luiza(Vo)、KenT(Dr)

【The Winking Owl インタビュー】
よりポップで
さらに開けていくイメージ

1年半振りとなるニューシングル「Try」は前作のハード路線から一転、ポップでカラフルな曲調にチャレンジした、バンドのネクスト感がきっちりと刻まれている。そんな新作についてメンバー3人に話を訊いた。

前作のアルバム『Into Another World』から少し空きましたね。

Yoma
前作以降に全国ツアーがあり、そのあとに制作に取りかかって…本当はもっと早く出したかったんですけどね(笑)。制作が難航して、方向性でも悩んだりして。

どの辺で悩んだんですか?

Yoma
前作はハードな曲が多かったので、また同じ作風にはしたくなくて。その方向性を決めるのに時間がかかってしまいました。
KenT
前作のハードで少しダークな要素がある作風とは大きくイメージを変えたいなと。今回のジャケもそうですけど、よりポップでさらに開けていくイメージがありましたね。
Yoma
自分たち的にもストレートなもので勝負したい気持ちが強くなったんです。
Luiza
もともとポップ寄りの曲もメンバー全員好きなので、それを自分たちのものにするために時間がかかったというか。「Night&Day」は前々作のアルバム『BLOOMING』の時代からあった曲で、当時からポップな曲は存在していたけど、段階的にクールな曲調からいきなりカラフルな音色を鳴らすのはバランスが悪いと思ってたんです。それが、今だ!と。

もともとあったポップ要素を今作で前面に出そうと?

Yoma
そうですね。プロフィールにエモ/ポストハードコアと書かれたりしてて、ちょっとそのことを意識しすぎていた部分もあったので、それを払拭したい気持ちもありました。

では、今作は歌とメロディをーより重視して?

Yoma
そうですね。特に「Try」と「Night&Day」は歌とメロディーがストレートに伝わるように意識しました。

「Try」はイントロから華やかで、ギターソロもキラキラしてますよね。

Yoma
はい。ソロも分かりやすいメロディーを考えました。

Luizaさんの歌声も表現力が豊かになったと思います。

Luiza
ほんとですか? 実は「Try」の歌入れの時期は精神的に参ってて。“自分らしさって何だろう?”って。今まではバンドマンっぽく歌わなきゃと思っていたけど、それだとアイデンティティーが確立できなくて。そこから一旦離れて、素っ裸な気持ちで歌ったら楽に歌えたんですよ。今回は声のやわらかさや繊細さを表現できたと思います。あと、宇多田ヒカルさんが戻って来てくれたじゃないですか。神のような存在だけど、復帰してくれたので自分も具体的に頑張ろうと思えたんですよね。なので、それが歌にも影響を与えているかなと。

宇多田ヒカルっぽい歌い回しのパートも出てきますもんね(笑)。良い意味で力の抜けた歌声が良くて。

Luiza
お風呂で歌ってるぐらいの感覚でやれました(笑)。
KenT
僕もわりと力まずにやれましたね。歌に寄り添ったり、ビートのカッコ良さを追求しようと。最近はいろんな先輩のプレイを見ていて、違う世界が見えるので面白いなって。The BONEZのZAXさんとかシンプルだけど、カッコ良いビートを叩くし、そこに惹かれるようになりました。

なるほど。「Try」の歌詞の中に何度も出てくる“野心”という言葉が引っかかったのですが。

Luiza
やろうと思ってもやれないことってあるじゃないですか。そういう障害を取っ払って、軽い気持ちでやってみよう!って。とりあえず挑戦してみないと分からないから。それで“野心”という言葉を選びました。何気ない日常の中で悩んでいる人にも伝わったらいいなと。

そして、「Night&Day」はラブソングですよね?

Luiza
はい。両想いになる瞬間って永遠に感じるじゃないですか。その瞬間にフォーカスした歌詞にしたくて。内容的にはまだ両想いになる前で、1番は女性の気持ち、2番は男性の気持ちを書いてます。昔、付き合っていた人と交換日記をしてて、それを改めて読み返した時、こっ恥ずかしい内容だけど、すごく幸せそうで素敵だなって。

その歌詞が甘い曲調ともすごくマッチしてます。

Yoma
ポップな曲だけど、切なさもあるし、歌詞もはまってますからね。自分たちらしさもありつつ今までにない感じもあるので、今後はこういう曲もやっていきたいです。
KenT
プレイはこれこそストレートで、あまり細かいことをやってないですからね。ライヴでやるのも楽しみです。

「Dream Sailor」も個人的に好きな曲で。中盤すぎのドラムパートも遊び心があって面白いですね。

KenT
自由にやらせてもらったので、ドラマーの人にコピーしてもらいたい。改めて聴いたら自分でもコピーできなかったんですけど(笑)、伸び伸びとプレイできました。
Yoma
ポップだけど、複雑なアルペジオを入れているので、ギターのプレイ面にも注目して聴いてほしいですね。
Luiza
私もこの曲が好きで。人生は悩みだらけだと思ってて…せっかく生まれてきたのに、なぜそんなに悩んだり考えるんだろうと。でも、生きているからこそ悩んだり叫んでいるんじゃん!というプラスの発見があって。

マイナスからプラスに向かう過程を描いてますもんね。

Luiza
はい。上京した子の気持ちを書いてて、憧れの東京で大きくなるつもりが、都会で揉まれている自分は何だろうと。

そこには自分の姿も投影されてます?

Luiza
そうですね。東京は輝かしいのに自分は輝いてないなって。

だけど、後半の歌詞では《風が待つ人生の航海へ》と力強い言葉が出てくるじゃないですか。

Luiza
最後は《何遍でも沈みに行ってやるさ》と書いてるけど、それぐらいの気持ちでやらないと風に乗らないままで終わってしまいますからね。そこは言い切りました。

人生は向かい風があるからこそ、それを追い風にすることもできるんだと。そういうことを言いたいんですよね?

Yoma
ははは。Luizaの言いたいことをすごく的確にまとめてくれますね。
Luiza
その通りです! そのまま書いてください(笑)。

取材:荒金良介

シングル「Try」2018年11月7日発売 WARNER MUSIC JAPAN
    • WPCL-12977
    • ¥1,200(税込)
The Winking Owl プロフィール

ザ・ウィンキング・オウル:ルーマニアと日本にルーツを持つLuizaと、US夏の祭典『Warped Tour』にも出演経験がある超絶ギタリストYomaを中心に、2010年に群馬県高崎市にて結成。US/UKのエモ&ロックを踏襲し、普遍性のあるJ-POPに昇華、さらに世界観を彩るプログラミングサウンドを挿入することによりオリジナリティーを確立し、未だかつて日本にはなかったネクストレベルのサウンドを創造。15年11月にシングル「Open Up My Heart」でメジャーデビューを果たした。The Winking Owl オフィシャルHP

L→R Yoma(Ba)、Luiza(Vo)、KenT(Dr)
シングル「Try」

「Try」MV

シングル「Try」ティザー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」