マリアンヌ・フェイスフル、ニック・
ケイヴとの対談映像公開

マリアンヌ・フェイスフルが、今月初め4年ぶりに発表したスタジオ・アルバム『Negative Capability』で共作したニック・ケイヴとのレコーディングや対談の様子を収めた映像を公開した。
マリアンヌはこの中で、自分は歌の才能ではなく外見が気に入られ、デビューすることになったと話した。「発掘されたとき私は17歳だった。(ザ・ローリング・ストーンズのマネージャーだった)アンドリュー・オールダムがパーティーで私を見かけたの。彼は、私が歌えるとか音楽的なことを考えてやることにしたんじゃない……、私が可愛かったからよ。彼が目を付けたのはそこだった。私の顔は売れるって思ったの」

「それで、私の人生は突然、ひっくり返り、ケンブリッジやオックスフォードへ行く代わりに、アトランティック・スタジオで、ミック(・ジャガー)とキース(・リチャーズ)と“As Tears Go By”を歌ってた」

「いまは、そうして良かったってすごく思うけど、長いこと……、自分ではなく他の人たちの幻想を満たしていただけ」

「最終的には、我慢するか消えるかだって悟った」というマリアンヌは、プライベートで問題を抱えていたのもあり、音楽から離れていた時期があったものの、70年代終わりからはコンスタントにアルバムを発表しており、『Negative Capability』は21枚目の作品となる。
長年のコラボレーター、ロブ・エリス、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズのウォーレン・エリス、Headらがプロデュースし、「As Tears Go By」、ケイヴと共作した「The Gypsy Faerie Queen」など10曲を収録している。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」