Billboard.comなどによると、ネットに上がっているゲーム中のデッドマウスの動画がコトの発端の様子。
その動画中で、スラッシーの曲がバックに流れてくるとデッドマウスは「エイズのクソったれミュージック」「マジ自閉症なヤツ」と暴言を吐きまくり。
それを観たスラッシー本人が、その動画をツイート。
https://t.co/8sadQBRFP4— SLUSHII (@SlushiiMusic) 2018年10月10日
続けてスラッシーは「実際に自閉症スペクトラム障害を患ってる身としては、これはすごく残念だよ@デッドマウス」と障害を持っていることを告白。
as someone who’s actually on the autism spectrum, this is really disappointing @deadmau5 https://t.co/aCOa02p7Ck— SLUSHII (@SlushiiMusic) 2018年10月10日
さらに「僕の人生、ずっとイジメられてきた。僕はいつもデッドマウスを尊敬していたから、こんな映像を観るのは腹立たしいし、僕は自閉症を患っていることを軽くは捉えていない。僕らのコミュニティでこんなに影響力のある君が、他人を貶めるために自分の立場を利用しているなんて悲しいよ」とも批判。
I’ve been bullied all my life. Seeing that video upsets me so much because I always looked up to @deadmau5 and I don’t take having a form of autism lightly. It’s sad as such an influential member of our community you continue to use your platform to bring others down.— SLUSHII (@SlushiiMusic) 2018年10月10日
それを見たマシュメロはスラッシーに同情してツイート。
「自分に自信がないからさ。彼はしょっちゅう他人を貶しては自分だけいい気になってる。カルマって素晴らしいヤツがあるから大丈夫。気にするなって、ジュリアン(スラッシー)。君の前には世界が開けてる。他の奴はどうだか知らないが」
It’s called being insecure. He puts others down constantly to make himself feel better. Karma is an amazing thing, don’t let it bother you Julian. You have the world ahead of you, can’t say the same about some others https://t.co/sA5U7D9cQG— marshmello (@marshmellomusic) 2018年10月10日
さすがの悪役デッドマウスも反省したのか、謝罪とともに、「自身がずっと抱えてきた問題と向き合う時が来た。専門家の助けが必要だ」として、しばらく表舞台から消えると宣言…。
pic.twitter.com/acblerG5xF— Goat lord (@deadmau5) 2018年10月11日
以前にもデッドマウスは、同じようなトラブルで姿を消したことが何度かあったはず。
今度こそ、いい性格になって帰ってきてくださいね!
Text by EDM MAXX編集部(Q)

EDM MAXX

EDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」。音楽、ファッション、カルチャー、ライフスタイルとして、“EDM”を誰でも分かりやすく、おもしろく情報発信します。 #edmmaxx

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着