『Jose Cuervo presents DAY OF THE DEAD at 1 OAK TOKYO』

『Jose Cuervo presents DAY OF THE DEAD at 1 OAK TOKYO』

MAJOR LAZERのJILLIONAIREを
迎えた、メキシコの祝日を祝う
イベント『DAY OF THE DEAD』開催

11月2日、六本木ヒルズに隣接するケヤキ坂下交差点にある“1 OAK TOKYO(ワンオークトウキョウ)”にてメキシコの祝日を祝うイベント『DAY OF THE DEAD(死者の日)』が開催される。今回はスペシャルゲストとして、世界的アーティスト集団・MAJOR LAZERのメンバーでもあるJILLIONAIREが、8月以来となる再来日を果たす。MAJOR LAZERは解散宣言をしたことでも注目されており、その最中のメンバー来日はインパクト大だ。

『DAY OF THE DEAD』とは、10月31日~11月2日の3日間にわたって行なわれるメキシコの祝日で、日本で例えるところのお盆を指し“ハロウィンのニュームーヴメント”としても注目されている。2018年3月に日本でも公開されてヒットを記録したピクサー映画『リメンバー・ミー』の題材となっていることでも知られているだろう。

年に一度の死者と出会える日『DAY OF THE DEAD』の祝杯は、象徴となるスカル(骸骨)をアイコンとして、メキシコを代表するお酒である“テキーラ”をかかげて祝う。メキシコのイメージにもぴったりな活気と華やかさあふれるイベントで、本国ではストリートを中心に死者と生きている者とをつなげて魂を通いあわせ、生の証を祝うお祭りとして盛大に行なわれている。

1 OAK TOKYOでのイベント当日は世界販売量No.1テキーラブランド『Jose Cuervo(ホセ・クエルボ)』のサポートが入り、会場には『DAY OF THE DEAD』のモチーフともなるスカルの巨大モニュメントを設置。またプロジェクションマッピングや迫力のあるライブペインティングショー、本国メキシコを超えるとも言われる華やかなデコレーション、スカルメイクを施すメイクアップアーティストが常駐するブースも出現するとのことだ。バーでは数種類のマルガリータをはじめ、このイベントに欠かせない“クエルボ・テキーラ”を使ったスペシャルカクテルが提供され、本場のドリンクと共にメキシコの文化を堪能できる。

すでにこのイベントに参加しようと、感度の高いアンテナを持ち合わせた国内外の著名なセレブリティたちが1 OAK TOKYOへの来場宣言をしており、当日誰を目撃することができるか、そんなサプライズからも目が離せない。

『Jose Cuervo presents
DAY OF THE DEAD at 1 OAK TOKYO』

11月02日(金) 東京・1 OAK TOKYO
Music By:JILLIONAIRE OF MAJOR LAZER and more

■1 OAK TOKYO 公式ページ
http://1oaktokyo.com
『Jose Cuervo presents DAY OF THE DEAD at 1 OAK TOKYO』
『Jose Cuervo presents DAY OF THE DEAD at 1 OAK TOKYO』
『Jose Cuervo(ホセ・クエルボ)』ロゴ
『DAY OF THE DEAD』
『DAY OF THE DEAD』
『DAY OF THE DEAD』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。