ウマ娘たちの熱いウイニングライブを
リアルで体感!『ウマ娘 プリティー
ダービー 2nd EVENT Sound Fanfare!
』レポート

日本の競馬を盛り上げてきた歴代の名馬達と同じ名前と魂を受け継いだ存在・「ウマ娘」の多彩なドラマを、様々なメディアで描くクロスメディアコンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』。この春にTVアニメ版が大好評を呼び、新作アニメーションやゲームなどさらなる展開も期待される同作の二度目の大型イベントが、10月14日(日)に幕張メッセ・イベントホールで開催された。
作品内ではレースに勝利したウマ娘が、応援してくれたファンと共に喜びを分かち合うステージ『ウイニングライブ』が行われるが、それをリアルで再現したかのような仕掛けや演出の数々に大いに盛り上がったイベントの様子をレポートでお送りしよう。
アリーナ内がレース場に変身? 『ウマ娘』の世界が幕張メッセに出現!
前日よりイベント限定グッズや『ウマ娘』にちなんだコラボフーズ&ドリンクも販売されて、開場前から『ウマ娘』ファンの熱気で盛り上がる幕張メッセ。そんなファンをイベントホール内で出迎えたのは、なんとアリーナ外周に芝コーストラックを模した緑のランウェイステージが設置され、劇中のレース場を再現したかのような仕立てのライブ会場だった。
その様子にファンのテンションも開演前から盛り上がり、BGMで『ウマ娘』の定番ソングである「うまぴょい伝説」のトレーナーVer.二種が流れると、それに合わせてコールが始まるほどヒートアップ。
そして17時過ぎにいよいよイベントがスタート。ステージにトレセン学園理事長秘書・駿川たづな役の藤井ゆきよが登場して各種諸注意のアナウンスを終えると、スポットライトが照らし出したのはスタンド席に設置された実況席。
そこにいきなりのシークレットゲストとして、アニメ内で「実況の赤坂さん」を演じた明坂聡美が登場。このイベントでも実況と司会進行を担当することを明かし、観客と共にイベントスタートのカウントダウンを開始し、いよいよ本番の幕が開いた。
カウントが終わると芝コースランウェイにトレセン学園制服に身を包んだウマ娘ダンサー「トウィンクル・ダンサーズ」が登場。
ファンファーレの演奏に合わせて両手に携えた手旗を振りかざしながらの見事なダンスを披露。それが終わると赤坂さんの「さあ各ウマ娘がゲートに出そろいました!」の実況を合図に、メインステージには総勢19名のウマ娘キャスト陣が登場し、オープニングナンバー「うまぴょい伝説」がスタート!
ノリの良い定番ナンバーに客席のテンションも一気に最高潮となる中、1番を歌い終えるとキャスト陣はレースのように芝コースランウェイへ。そして「スペシャルウィーク役の和氣あず未です! 日本一のウマ娘目指してがんばります!」と赤坂さんの実況によるウマ娘紹介に合わせてそれぞれがキャラと自身の意気込みを語っていく。
自己紹介が終わると、そのままコース上で2番を歌いきって今イベントの第1レースを熱い盛り上がりの中で完走した。
そのままチーム<スピカ>(スペシャルウィーク:和氣あず未/サイレンススズカ:高野麻里佳/トウカイテイオー:Machico/ウオッカ:大橋彩香/ダイワスカーレット:木村千咲/ゴールドシップ:上田瞳/メジロマックイーン:大西沙織)の7名はコース上に残って、2曲目となるTVアニメOP主題歌「Make debut!」を披露。それが終わると3曲目「ENDLESS DREAM!!」を、セイウンスカイ:鬼頭明里/ハルウララ:首藤志奈/オグリキャップ:高柳知葉/グラスワンダー:前田玲奈/フジキセキ:松井恵理子/マルゼンスキー:Lynnがメインステージに登場し、歌いながらコースステージへと移動しつつ夢へと賭けるウマ娘の思いを歌い上げた。
ウマ娘たちを間近で感じられた勝利のウイニングライブ11連発!
4曲目からはトウカイテイオー:Machicoの「恋はダービー☆」を皮切りに、途中にトゥインクル・ダンサーズによるショータイムを挟みながら各ウマ娘のソロナンバー11曲の連続ライブがスタート。
アリーナ後方やスタンド席からでも歌うウマ娘キャスト陣を間近に感じられるコースステージを存分に活かしたステージングや演出の数々は、まさにアニメで描かれたレースに勝ったウマ娘によるウイニングライブのごとき臨場感。
各ナンバーもテイエムオペラオー:徳井青空の「帝笑歌劇~讃えよ永久に~」は王子様系ナルシストらしい芝居がかったかっこよさ、ハルウララ:首藤志奈の「今日もウララかケセラセラ!」はのんびりほんわかした雰囲気、そしてライブ後のトークコーナーで「ラスボス感満点」と評されたシンボリルドルフ:田所あずさの「SEVEN」は、元の競走馬が達成した七冠制覇の偉業を彷彿とさせる勇ましい曲をハードに歌い上げるなど、各ウマ娘の個性が詰まった曲揃い。実際に『ウマ娘』の作中でウイニングライブに参加したらこうなるんだろうと体感できる充実のステージとなった。
期待の新作アニメ『BNWの誓い』の冒頭5分を最速公開!
ライブ前半戦が終わり、ステージにはキャスト陣全員がそろってトークコーナーがスタート。ライブ前半の感想を語ったあと、12月19日発売のTVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』Blu-ray BOX『ウマ箱』第4コーナーに収録される完全新作アニメーション『BNWの誓い』の冒頭5分間の最速上映へ。
『BNWの誓い』予告映像
今回の主役を務めるのは平成5年の日本ダービーで鎬を削った三強がモデルのビワハヤヒデ・ウイニングチケット・ナリタタイシン。そんなビワハヤヒデとウイニングチケットの惨敗&それを複雑な表情で見つめるナリタタイシンという気になるシーンからスタートするこのエピソードは、テレビシリーズ12話のその後が描かれており、トレセン学園のファン感謝祭の準備を見回るチーム<スピカ>と今回アニメ初登場となるウマ娘たちの出会いが描かれ、客席からも歓声が巻き起こった。
上映後には今回初登場となるウマ娘たちのイラストを演じるキャスト陣が描き、それを元にだれが人気かを予想していく「どのウマ娘が一番ウマく描けているのかレース」がスタート。
可愛かったり達者だったり、個性的すぎたりする各イラストに出演陣と客席が盛り上がるなか、ファンの拍手の大きさで結果を判定。その結果、ヒシアマゾン:巽悠衣子とウオッカ:大橋彩香が見事予想を的中。二人には賞品として「コースステージをウイニングランする権利」が与えられ、二人はかなりのペースで走るハメになって後半はレース状態になって会場を大いに盛り上げた。なお、今回の上映とゲームで明らかになった登場ウマ娘は以下の通りだ。
ビワハヤヒデ(CV:近藤唯)
ウイニングチケット(CV:渡部優衣)
ナリタタイシン(CV:渡部恵子)
ユキノビジン(CV:山本希望)
ゴールドシチー(CV:香坂さき)
ミホノブルボン(CV:長谷川育美)
マヤノトップガン(CV:星谷美緒)
サクラバクシンオー(CV:三澤紗千香)
マンハッタンカフェ(CV:小倉唯)
エアシャカール(CV:津田美波)
ライスシャワー(CV:石見舞菜香)
アドマイヤベガ(CV:咲々木瞳)
ビコーペガサス(CV:田中あいみ)
アイネスフウジン(CV:嶺内ともみ)
ファインモーション(CV:橋本ちなみ)
ヒシアケボノ(CV:松嵜麗)
そしてさらなるメディア展開として、Blu-ray BOX『ウマ箱』第1コーナーの封入特典に収録されたセイウンスカイ主役の外伝ノベルのコミック化が決定。こちらの新コミカライズ『ウマ娘 プリティーダービー BLUE SKY』はサイゲームスの漫画配信サービス「サイコミ」にてスタート予定とのこと。
『ウマ娘 プリティーダービー BLUE SKY』
『ウマ娘』コンテンツプロデューサー・サイゲームスの石原章弘が登場し、ゲームについては現在製作追い込み中でもう少しお持ち下さいとの報告やメインビジュアルの一部変更についての説明があり、ゲームを待ち望んでいるファンには期待の高まる情報となった。
ライブ後半は泣ける演出に笑えるハプニングも? そして怒濤の「うまぴょい伝説」三連発!

トークコーナーが終わるとキャスト陣がそのままステージに残って、TVアニメ第13話のラストを飾った「Special Record!」へと突入してライブ後半戦がスタート。さらにチーム<スピカ>内での熱いライバル関係を見せつけたウオッカ:大橋彩香の「CATCH THE VICTORY!」と、ダイワスカーレット:木村千咲の「Rising Girl」が激しいビートで会場を盛り上げた後、ゴールドシップ:上田瞳のステージでは驚きの展開が。
ゴールドシップが『ウマ娘』を盛り上げるためにYouTubeで勝手気ままな広報活動を繰り広げる人気コンテンツ『ぱかチューブっ!』。先日完成したばかりのテーマソング「ぱかチューブっ!ですが、何か?」のイントロが流れ、トゥインクル・ダンサーズもノリノリダンスで登場するが、歌が始まっても肝心のゴールドシップが現れない。実況席の明坂さんも「アクシデントでしょうか? ゴールドシップがステージに現れません! 色々と前例があるだけに油断できません」とコメントする中、ゴールドシップがアニメ同様に焼きそばを売りながら客席に出現!
さらに何故か実況席にいたオグリキャップ:高柳知葉が誕生日ということで、バースデーケーキを渡すサプライズが。そしてもうステージが始まってることを突っこまれると「ステージに行くまでの間はテイオーまかせた!」とトウカイテイオー:Machicoを代打に指名。結局この曲は最後までテイオーがダンスで繋ぎ、それを見ながらオグリキャップが黙々とケーキを食べるというカオスな展開に、客席は笑いと歓声に包まれた。
ようやくステージに現れたゴールドシップがトウカイテイオーをねぎらい「テイオーがいい感じに盛り上げてくれたところで、いっちょやりますかー!」と、自身のナンバーである「Goal To My SHIP」を熱く歌い上げて、再びライブがスタート。
各ウマ娘のソロナンバーに、ゲームのCMでもおなじみ「走れウマ娘」を観客と共に歌うコーナーや、TVアニメED主題歌「グロウアップ・シャイン!」をエアグルーブ:青木瑠璃子、タイキシャトル:大坪由佳、エルコンドルパサー:高橋未奈美、ヒシアマゾン:巽悠衣子、シンボリルドルフ:田所あずさ、テイエムオペラオー:徳井青空らチーム<リギル>が歌うといったライブならではのナンバーを経て、いよいよライブはクライマックスへ。
TVアニメのターニングポイントとなった第7話の特別エンディングテーマ「Silent Star」を、メインステージでサイレンススズカ:高野麻里佳が切なげに歌い上げると、その対面となるコースステージにスペシャルウィーク:和氣あず未が登場。お互いを見つめ合う二人をスポットライトが照らし出す中、スペシャルウィークが歌うのはTVアニメ第5話特別エンディングテーマ「ありがとう、神様」。スペシャルウィークとサイレンススズカの関係性をライブで表現するかのような選曲と演出に会場も静かに曲に聴き入っていた。そして曲の終盤にはコースステージに他のチーム<スピカ>の面々も登場。そして未来へ進む気持ちをしっとりと歌い上げた「Find My Only Way」で、ライブの最後を締めくくった。
最後は「本日出走のウマ娘19人、感動のゴールです! あの名馬たちがいる天国にも届くような拍手で健闘を讃えて下さい!」という明坂さんの実況と共に、観客の拍手に包まれながらメインステージにキャスト全員が登場。スペシャルウィーク:和氣あず未、サイレンススズカ:高野麻里佳、トウカイテイオー:Machicoの3人がファンへの感謝を述べた。
その中で高野は今回ライブで「Silent Star」を披露したことに触れて「初めて歌わせてもらった時はとても寂しい曲だなと思っていたけれど、トレーナーさんたちの声援のおかげで暖かくなれる曲なんだなと思いました」「そしてみんなのおかげで、スズカはあの大ケヤキの向こうを越えられたんだなって思いました」と、実際のサイレンススズカの最後と重ねながらのコメントに大歓声が巻き起こり、最後は和氣のこれからも『ウマ娘』を盛り上げていきたいという意気込みのコメントでイベントは締めくくられた。

そしてまだ熱気の収まらないファンからの熱いアンコールに応えて用意されたナンバーは、なんと3つのチームに分かれての「うまびょい伝説」三連発!
スペシャルウィークの先輩&ライバル達、チーム<リギル>、そしてチーム<スピカ>とに分かれてそれぞれが最後の挨拶を交えながら「うまびょい伝説」を熱唱し、最後は19人全員での熱唱で〆と、「うまぴょい」に始まり「うまぴょい」に終わったイベントは、熱狂のうちにラストを迎えた。
年末から来年にかけて、新作アニメにゲームリリースとますます盛り上がりを見せそうな『ウマ娘 プリティダービー』。この波に乗り遅れないためにも、未体験の人はまずはアニメと「うまぴょい伝説」からこの熱く楽しい世界に触れてみてほしい。
取材・文=斉藤直樹
(c)2018 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」製作委員会

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」