草なぎ剛「世界中に拡散して!」ノリ
ノリで大発表!映画『ムタフカズ』3
か国同時公開決定!

日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、スマッシュヒットとなった『鉄コン筋クリート』の制作スタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーション『ムカフタズ(MUTAFUKAZ)』が10月12日(金)に公開初日を迎え、東京・池袋HUMAXシネマズにて舞台挨拶が行われた。
舞台挨拶には、日本語吹替版で主人公・アンジェリーノ(通称:リノ)の声を担当した草なぎ剛、ヴィンス役の柄本時生、ウィリー役の満島真之介、ルナ役の上坂すみれ、そんは/クロコ役の成河、マカベ役の藤井隼、エル・ディアボロ役の桜庭和志、エスピリト役の中村大介、フェリツ役の所英男といった、俳優、声優、格闘家というバラエティに富んだ豪華出演陣と、今作が映画初監督作品となる西見祥示郎監督が登壇した。
舞台挨拶前に流れた館内放送では、草なぎが「本日はご来場誠にありがとうございます。開演までお席にてしばらくお待ちください」とあいさつし、会場内を盛り上げた。エンディングテーマ「The King of DMC」が流れる中、草なぎを筆頭に登壇者が客席を通りながら登場すると、大きな拍手と歓声に包まれ、会場のボルテージは一気にヒートアップ。お祭り騒ぎの初日大感謝祭がスタートした。
キャスト全員がステージに並ぶと、「どうもみなさんこんばんわー」と草なぎが笑顔であいさつ。続けて「とても良い作品ができちゃったもんで…。もう、まいったもんですよね。今日は本当にありがとうございます。」とノリノリな様子を見せると、会場からさらに大きな拍手が沸き起こった。

出演者の思いがぎゅっと詰まった作品と説明する草なぎは、「声からエネルギーがあふれて出ていると思うので、みなさんに必ず伝わるものがあると思います」と胸を張った。

続いて自身が演じたキャラクターについて感想を訊かれた草なぎは、「港区からやってきたアンジェリーノ役の“ツヨジェリーノ”です」と笑顔で自己紹介し、会場の笑いを誘う。演じる上で意識したのは「揺れ動く繊細な心を表現した」とし「そんなところを感じながら観てください!」と少し噛み気味ながらも、草なぎらしい親しみやすさたっぷりに、見どころをアピールしていた。
「普段は地味目のイベントに出ることが多い」と前置きした上坂は「こんなにたくさんのお姉様方に囲まれることはなく…」と会場に集まったファンに向けて恐縮気味にあいさつすると、会場は大きな笑い声に包まれた。さらに「今日は二次元を代表してやってきました。三次元の方がたくさんいますが、がんばります!」と普段とは違った雰囲気の舞台挨拶に気合が入っている様子を見せていた。
桜庭、中村、所といった格闘家も壇上に並ぶという異色の舞台あいさつということで、満島の提案により、草なぎが3人に羽交い締めにされるという場面もあり、舞台あいさつのステージを熱く盛り上げた。

終始ノリノリでトークが止まらない草なぎに「進行があるので、ちょっとその辺で」と柄本がツッコミを入れると会場は大爆笑。俳優、声優、格闘家とジャンルの違う面々が大集合したステージながら、ツッコミ、ボケなどのタイミングが絶妙で、チームワークの良さを感じさせていた。
イベント中盤には大きなくす玉が登場。草なぎがくす玉を割ると「日・米・英三ヵ国同時公開」が発表され会場は大歓声に包まれる。先日、フランス・パリに行ったばかりという草なぎは「ありがとうございます! みなさんのおかげでございます。つながってますね~」と満面の笑みを浮かべる。
続けて「世界中に拡散、よろしくお願いします」と会場のファンに呼びかけていた。ちなみに、アメリカでは日本語吹替版に英語字幕が付く形で上映されるとのこと。ステージ上の出演者も会場のファンも「すごい!!」と驚きの様子を見せていた。
草なぎは「僕たちの声がUSAに?」とコメントしながら、DA PUMPの振り付けを真似する仕草を見せるなど終始ノリノリ。最初から最後までご機嫌な様子で会場を盛り上げていた。
※草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀

映画『ムタフカズ』全国映画館にて公開中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。